« 大野の落胆が招いた敗戦 | トップページ | もったいない一球を投げさせた無能捕手の責任 »

2017年4月30日 (日)

野球が楽しくて仕方がない三ッ間

◆ 4/29(土・祝) ― 甲子園球場
 阪 神 3 - 6 中 日

鉄壁だった阪神のクローザーのドリスを攻略して接戦を制した。試合開始から強風が舞い続けて波乱を予感する序盤だったが、粘り強いバルデスの投球とピンチを再三迎えながらも切り抜けていた青柳の踏ん張りで中盤からは同点のまましまったゲームになっていた。
8回を投げたドラゴンズ三ッ間、6回7回8回の阪神の中継ぎ陣、岩崎、桑原、マテオはそれぞれがしっかりと役目を果たしていた。そして事実上クローザー、そしてクローザー以降に出て来る投手陣の戦いになって行った。
そして最終回、そのドリスを相手に一死からの大島のヒットを足掛かりに、ラッキーも味方にしながら3点をもぎ取ったのはお見事だった。
最後は田島が3人で抑えて前日の雪辱を果たした。
8回を投げた三ッ間に2勝目と9個目のHPが付いた。
開幕第3戦の巨人戦の敗戦処理に初登板して以来、昨日が15試合目の登板である。初登板の際に僕もブログで今年の三ッ間は注目に値すると記したが、今や最高のセットアッパーとして、三ッ間ー田島の勝利の方程式が生まれつつある。いつもコメントを頂く「一家言おやじさん」の提案が形になっているのが嬉しい。
どんなときにもストライクが取れるのが強みである。
絶頂期の浅尾を彷彿とさせる安定感もある。
とにかく、ドラゴンズの為に腕を思い切り振り続けて貰いたいと願う所だ。但し故障を避ける為にも、負け試合の登板はなくして行って貰いたい所でもある。
新鋭三ッ間にとっては今野球が楽しくて楽しくて仕方がないのではないだろうか。
このままシーズン最後まで頑張って、是非新人王を取って貰いたい。

WBC帰りの不調を極めている各チーム主力メンバーのひとり、ヤクルト山田の話であるが、悩める山田に育ての親ヤクルト杉村コーチが一昨日ヒアリングをした時の会話が新聞に書かれてあった。
「野球以外に何か悩みはあるのか?」と尋ねた杉村に山田は「野球以外の悩みは何もありません」と答えたらしい。野球以外に悩みがない山田にとって今野球は苦しみそのものなんだろうと思った。
山田にとっては、野球以外に悩みの一つや二つあった方が逆に野球を発奮の起爆剤に出来ていいのにとも考えた訳である。
他チームの主力の話で恐縮ではあるが…。

|

« 大野の落胆が招いた敗戦 | トップページ | もったいない一球を投げさせた無能捕手の責任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/70421574

この記事へのトラックバック一覧です: 野球が楽しくて仕方がない三ッ間:

« 大野の落胆が招いた敗戦 | トップページ | もったいない一球を投げさせた無能捕手の責任 »