« 待望の強固な先発投手の出現が… | トップページ | 野球が楽しくて仕方がない三ッ間 »

2017年4月29日 (土)

大野の落胆が招いた敗戦

◆ 4/28(金) ― 甲子園球場
 阪 神 6 - 0 中 日

久々の完敗だった。
阪神との戦いでこんなに一方的なゲームも珍しい。
大体がもつれたり、少数点差で最後まで競い合うのが常なのだが、昨夜の戦いは拮抗する雰囲気がなかった。
大野とメッセンジャーの息の詰まる投げ合いが予想されたが、大野の方が先に相手のペースに巻き込まれて行った。2番の上本に大事な局面で度々逆方向に巧打されたのが応えたように見えた。そのショックを引きずったまま、4回には5番キャンベル、7回には3番糸井の2人の新戦力にタイムリーを浴びるのだが、試合中に切り替えが出来なかった昨夜の大野を如実に表していた。
序盤4回までは苦手のメッセンジャーに対して5安打を放ち塁上を賑わせていたが、ホームにランナーを返すまでには至らなかった。4回に大野が先に先制されると次第に攻撃陣も元気をなくして行くのが見ていても明らかだった。大野のショックがそのまま攻撃陣及びベンチにも影響しているような試合になってしまった。
エースと呼ばれている大野の落胆がゲームを作用することを大野自身がもっと自覚して貰いたいと改めて思った夜だった。
投手の立場、大野の立場に立てば、打たれた上本に投げた内角低めへのボールには相当の自信があったのだと思う。それを2度に亘り同じように同じ方向に跳ね返されたことは取り返しがつかない程のかなりの打撃だったのだろう。
しかし、言い換えれば、これが大野が勝てない原因であり、大野に援護射撃が少ない原因であり、大野がなかなか真のエースになれない原因といえるのではないだろうか。
冒頭に久々の完敗と記したが、昨夜の試合は内容云々ではなく大野の落胆と共にチームが戦意を喪失してしまった敗戦だったのだ。

|

« 待望の強固な先発投手の出現が… | トップページ | 野球が楽しくて仕方がない三ッ間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/70411722

この記事へのトラックバック一覧です: 大野の落胆が招いた敗戦:

« 待望の強固な先発投手の出現が… | トップページ | 野球が楽しくて仕方がない三ッ間 »