« 7つの『初』づくしの勝利 | トップページ | 若松が崩れて行った理由 »

2017年4月22日 (土)

ありがとう!平田!

◆ 4/21(金) ― 横浜スタジアム
 DeNA 2 - 2 中 日
  (延長12回規定により引き分け)

相変わらず重い重いゲームを見せてくれるなあとつくづく思ったが、完全にビジターチームの負けパターンの試合展開を救ってくれたのが4番に座って3試合目の平田だった。
9回二死ツーストライクナッシングに追い込まれた絶体絶命の状況から、相手クローザーパットンの150キロストレートをライトスタンドに突き刺したのが、平田の2試合連続のホームランだった。
前夜の同点弾も狙って打ったようだが、この日の一発も右狙いの会心の一発に見えた。
好投又吉の負けも消したし、凡フライを落球してタイムリーエラーをした京田も救った。そして何よりも7回無死一、三塁の絶好のチャンスに連続三振でチームとファンを落胆させてくれた、ビシエド、藤井、ゲレーロの3人も救ったのだ。
昨夜は両チームの投手陣の踏ん張りでお互いに譲らない最後の最後まで緊張感の漲る4時間11分の延長引き分け試合になった。
森監督が言う「みんな野球が好きだから!」の言葉通り今季6度目の延長戦で12回戦っての引き分けも3度目を記録した。
負けない強さもさることながら、勝てない弱さも露呈するチーム状況を如実に表している記録でもある。
7回の絶好のチャンスに情けない3人連続三振を見て多くのファンは敗戦を覚悟したに違いないが、あの体たらくには何とも言いようのない絶望感が広がった。
2人の助っ人の活躍にはもう少し時間がかかりそうな気がするが、まさかこのままシーズンが終わってしまうのではなかろうかという不安がよぎるのも正直な所だ。
森監督や土井コーチの慧眼を信じたいが…。

一方、2試合目の先発だった又吉の堂々とした投球には頼もしさを感じる。杉山との相性も抜群で、比較的球種が少ない又吉をベース板の隅から隅までを使った細かいリードをする杉山を信頼して伸び伸びと投げる又吉の姿にシーズンを通しての活躍が大いに期待できそうだ。
吉見、大野、バルデスと並ぶ4本柱としてチームを引っ張って行ってくれそうである。去年までほぼ毎日準備しながら60試合以上投げ続けて来た又吉にとって中7日空けての登板は合っているのかもしれない。
これで先発が4人揃って来たが、もう1人必要だ。
今日の若松には、何としても頑張って貰いたい。

|

« 7つの『初』づくしの勝利 | トップページ | 若松が崩れて行った理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/70341534

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう!平田!:

« 7つの『初』づくしの勝利 | トップページ | 若松が崩れて行った理由 »