« 敗戦の中で光った三ッ間の投球 | トップページ | 巨人3連戦は真の開幕への最終オープン戦だった! »

2017年4月 2日 (日)

吉見の投球術で阿部、坂本を手玉に取れ!

◆ 4/ 1(土) ― 東京ドーム
 巨 人 4× - 2 中 日

昨日の敗戦後、森新監督がコメントしていた。
この球場でのホームランの打ち方を、坂本や阿部は熟知していると…。
ここ一発の場面で今日もそれが見事に現れてしまった。
田島投じる外角のシンカー気味の変化球をいとも簡単にジャストミートさせて、というかバットに載せてレフトスタンド前列に運んでしまった阿部は、何とこれがプロ入り7本目のサヨナラホームランだという。
サヨナラホームランということは、後攻めでホームでのことだから殆ど全てがこの東京ドームでの出来事であろう。17年目で7本のサヨナラホームランはとにかく凄いのひと言である。正に脱帽である。
そして、冒頭の森新監督のコメントに戻るのだが、逆に自軍のクリーンアップのゲレーロ、ビシエド、平田には東京ドームが狭い故の力みや大振りが気になっての発言だったのではないかと察するのである。
今日も絶好の追加点の一死満塁のチャンスに、ゲレーロは力が入りすぎたスゥイングで、ルーキー谷岡の緩いスライダーにタイミングが合わずピッチャーゴロゲッツーに打ち取られてしまった。これぞ正に、一発狙いのスゥイングだったような気がしてならない。
ピッチャーの球を逆らわずにセンター返しを心掛けていれば、セカンドの頭を越すようなタイムリーヒットが出そうな甘い球であったと思う。
同様に、ビシエドも平田も、強引な大振りが目立って阿部のジャストミート打法とは程遠い気がした。
大島の3安打も、バルデスのホームランも、堂上のタイムリーツーベースも、クリーンアップの3人とは違ってジャストミートを心掛けた結果から生まれた好打であったと思う。

阿部ひとりにやられた今日の逆転負けだったが、今の阿部は身体のキレが抜群に良さそうに見える。
ファーストの守備を見ても、実に身体がよく動いている。そういう意味では、阿部の前の坂本を攻めきれずに歩かせてしまったのも勿体なかったし、阿部にはまともに行かずに次のマギーとの勝負を選択する方法もあったのではないだろうか。
初登板の田島のコントロールがイマイチであったことから、押し出しを怖がった部分もあったのかもしれないがここはベンチがハッキリとマギーとの勝負を指示するべきではなかったのではと、惜しまれてならない。

2日続けて爽快な表情でヒーローインタビューを受ける阿部が眩しく見えてしまった。
最も乗せてはいけない男を乗せてしまい、明日の吉見は果たしてどのように挑んで行くのかが、楽しみでもあり不安でもある。
阿部と坂本を交わすことができれば、森新監督の初勝利も夢ではないが、全ては吉見の投球術にかかっている。

|

« 敗戦の中で光った三ッ間の投球 | トップページ | 巨人3連戦は真の開幕への最終オープン戦だった! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/70124972

この記事へのトラックバック一覧です: 吉見の投球術で阿部、坂本を手玉に取れ!:

« 敗戦の中で光った三ッ間の投球 | トップページ | 巨人3連戦は真の開幕への最終オープン戦だった! »