« 異次元の走塁技術を持つ京田 | トップページ | 奇跡を起こした、ドラ1投手トリオ »

2017年5月26日 (金)

たかが2敗のDeNA戦だった!

◆ 5/25(木) ― 横浜スタジアム
 DeNA 13 - 5 中 日

最下位ながらドラゴンズをここまで必死に支えて来た2人の助っ人投手が揃ってDeNA打線につかまり3連戦を負け越してしまった。
初戦のバルデスも昨夜のジョーダンも、同様なやられ方をした。2試合共に打線が活発で取りつ取られつの展開の試合になっていて、その流れに巻き込まれてしまったような投球をしていたように見えた。そこまでの試合のように点が全く入らないような緊張感に溢れる試合とは程遠い試合展開で、バルデスもジョーダンも試合中に修正できずにそれぞれ5失点、10失点でマウンドを降りてしまった。毎回毎回完璧なピッチングができる訳ではないので、こんな日もあると思っているが、2人が共通してやられた選手がいた。ヤクルトから移籍して来た田中博康である。バルデスは同点時に勝ち越しの5点目のタイムリーを浴び、ジョーダンは2度2点タイムリーを浴びて突き放された。田中博康といえば、外角寄りの球をしぶとく右に左に打ち分けるうまさがあるバッターでありどちらかと言えば内に弱点がある。バルデス、ジョーダンの両方をリードしていたのは、松井雅だった。
この所で勝ち試合が多かったので、松井雅の拙いリードがあまり目立たなかったので敢えて指摘はして来なかったが、決していいリードをしていた訳ではなかった。
バルデス、ジョーダンが田中博康という同じバッターに大事な局面で同じ様にやられるという所にこの捕手の問題があることに違いない。
打たれた球はいずれも外から真ん中に入ってくる真っ直ぐかスライダーだった。真っ直ぐは引っ張られて、スライダーは右におっつけられた打球だった。思い切って内を突くリードは見られず、2人共同じ様にやられていたのに首を振るしかなかったのだ。
この松井雅に関しては言っても無駄なのでこれ以上書かないが、森采配も少し残念だった。
やはり、この日のジョーダンもバルデス同様、引っ張り過ぎたと思う。試合の中で修正、立ち直る気配がないのをもう少し早く察して2番手に繋いでおけば、相手打線の爆発をもう少し軽くできたかもしれないと思う。
完全に火が着いて燃え盛ってからのリレーだったので後から登板する中継ぎ投手も大変だっただろうと察してしまう。
DeNAに1勝2敗は誤算だったが、たかが2敗と思った方がいいかもしれない。平田にも待望の一発が出たし、ビシエドも3試合連発弾を放ったし、大島も好調を取り戻し、京田は連続試合安打を13まで伸ばしたし、打線はいい感じで回っているので心配は要らない。
たまたまずっと好投して来た2人の助っ人投手が打たれただけと思った方がいいのだろう。
今夜こそ、小笠原に勝ちがつくように…。

|

« 異次元の走塁技術を持つ京田 | トップページ | 奇跡を起こした、ドラ1投手トリオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/70676631

この記事へのトラックバック一覧です: たかが2敗のDeNA戦だった!:

« 異次元の走塁技術を持つ京田 | トップページ | 奇跡を起こした、ドラ1投手トリオ »