« 2017年4月 | トップページ

2017年5月26日 (金)

たかが2敗のDeNA戦だった!

◆ 5/25(木) ― 横浜スタジアム
 DeNA 13 - 5 中 日

最下位ながらドラゴンズをここまで必死に支えて来た2人の助っ人投手が揃ってDeNA打線につかまり3連戦を負け越してしまった。
初戦のバルデスも昨夜のジョーダンも、同様なやられ方をした。2試合共に打線が活発で取りつ取られつの展開の試合になっていて、その流れに巻き込まれてしまったような投球をしていたように見えた。そこまでの試合のように点が全く入らないような緊張感に溢れる試合とは程遠い試合展開で、バルデスもジョーダンも試合中に修正できずにそれぞれ5失点、10失点でマウンドを降りてしまった。毎回毎回完璧なピッチングができる訳ではないので、こんな日もあると思っているが、2人が共通してやられた選手がいた。ヤクルトから移籍して来た田中博康である。バルデスは同点時に勝ち越しの5点目のタイムリーを浴び、ジョーダンは2度2点タイムリーを浴びて突き放された。田中博康といえば、外角寄りの球をしぶとく右に左に打ち分けるうまさがあるバッターでありどちらかと言えば内に弱点がある。バルデス、ジョーダンの両方をリードしていたのは、松井雅だった。
この所で勝ち試合が多かったので、松井雅の拙いリードがあまり目立たなかったので敢えて指摘はして来なかったが、決していいリードをしていた訳ではなかった。
バルデス、ジョーダンが田中博康という同じバッターに大事な局面で同じ様にやられるという所にこの捕手の問題があることに違いない。
打たれた球はいずれも外から真ん中に入ってくる真っ直ぐかスライダーだった。真っ直ぐは引っ張られて、スライダーは右におっつけられた打球だった。思い切って内を突くリードは見られず、2人共同じ様にやられていたのに首を振るしかなかったのだ。
この松井雅に関しては言っても無駄なのでこれ以上書かないが、森采配も少し残念だった。
やはり、この日のジョーダンもバルデス同様、引っ張り過ぎたと思う。試合の中で修正、立ち直る気配がないのをもう少し早く察して2番手に繋いでおけば、相手打線の爆発をもう少し軽くできたかもしれないと思う。
完全に火が着いて燃え盛ってからのリレーだったので後から登板する中継ぎ投手も大変だっただろうと察してしまう。
DeNAに1勝2敗は誤算だったが、たかが2敗と思った方がいいかもしれない。平田にも待望の一発が出たし、ビシエドも3試合連発弾を放ったし、大島も好調を取り戻し、京田は連続試合安打を13まで伸ばしたし、打線はいい感じで回っているので心配は要らない。
たまたまずっと好投して来た2人の助っ人投手が打たれただけと思った方がいいのだろう。
今夜こそ、小笠原に勝ちがつくように…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

異次元の走塁技術を持つ京田

◆ 5/24(水) ― 横浜スタジアム
 DeNA 2 - 4 中 日

これはひょっとしたら物凄い新人選手が入団したのかもしれないと思った昨夜のゲームだった。
新入団ルーキーでここまで45試合中43試合に出場している京田陽太は、メキメキとプロとしての力を付け始めているように見える。非力だったバッティングも相手投手の攻めに対応するバッティングの工夫が随所に見え始めている。昨夜は4打数4安打で、12試合連続安打を記録している。5月も後一週間を残して、月刊MVPの有力な候補にも名を連ねている。打率も4月は2割そこそこを行ったり来たりしていたが、今は.288で打撃成績12位まで上げて来ている。守備面ではまだまだ時折雑な暴投や落球、後逸をすることもあり完璧には程遠いが、先日このブログでも指摘したが自分の左側を抜けて行く打球への対応に課題があると京田自身も語っていて、少しずつその努力が実りつつあるように打球に対して最初の一歩が早くなっているように伺えるから凄い。
本人がプロとしての自覚に対してなす努力が人一倍であることの現れでもあり、本当に凄い選手になって行くのではという期待がドンドン膨らんで行くから嬉しい限りである。
そしと何より凄かったのは、走塁技術、走塁のセンスである。普通の三塁打が、ちょっとした相手野手のスキを感じるや否や素早い判断でホームを狙い半ばランニングホームランのようにしてしまった走塁には度肝を抜かれた。更に、たったひとつのワイルドピッチに対して、セカンドから一気にホームに突入してしまう判断を咄嗟にする走塁勘といおうかその卓越したセンスに驚かされたのだ。捕手の戸柱の動きを熟視しながら三塁ベースを蹴りホームに躊躇なく向かったその走塁のスピードには改めてビックリである。目の前を走り去る京田のスピードにサードベースコーチ奈良原もたまげたのではないだろうか。一瞬の出来事だったが、異次元の走塁技術に他ならない。試合後、ラミレス監督もその走塁の素晴らしさを讃え、一層警戒する必要があると述べていた。
森監督は、敢えてその凄い走塁は当たり前のように扱いながら、進化している打撃を評価してやってほしいとか述べて煙に巻いていたのが森監督らしくて笑えてしまう所でもある。
京田の為にあった昨夜のゲームだが、鈴木翔太の粘り強いピッチングにも成長を感じた。四球や死球、ワイルドピッチなども目立ちまだまだ不安定さは免れないが、向かい立つ打者にひるまず向かって行く姿にはある種の自信のようなものを感じる。プロの投手として先日1勝を上げたことが相当の自信になっているのではないだろうか。ボールが先行しても向かって行くピッチングには二桁勝てる投手になりそうな予感がしたのは僕だけではないだろう。
京田も鈴木も、若きドラゴンズの未来を造って行く大事な大事な選手であると思うとワクワクして来る。
昨夜勝利した瞬間のナインやベンチの表情を見てるとおよそ最下位に低迷しているチームには見えない位明るかったのが嬉しくて仕方がなかった。
毎試合毎試合若く新しいヒーローが誕生しそうな予感がしてとても楽しみになって来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

バルデスの不思議

◆ 5/23(火) ― 横浜スタジアム
 DeNA 9 - 4 中 日

まもなく今夜のゲームが始まりそうな時間になってしまいました。昨日今日とちょっとスケジュールが立て込んでしまい昨日のゲームのブログが遅くなりました。

安定感抜群のピッチングを開幕以来9試合続けて来たバルデスが昨夜、残念ながら「らしくないピッチング」を見せてくれちゃいました。打線の援護に全く恵まれなかった昨日以前の9試合と違って、昨日は珍しく先制、勝ち越しと相手よりも先に先に得点をあげる打撃陣の頑張りがありました。が、逆にバルデスは入れて貰った得点をそのまま同じだけ吐き出すピッチングをしてしまいました。上手くいかないものだなあと溜息がベンチから聞こえて来そうな感じです。
新聞も森監督も、援護がない方がいいピッチングをする不思議なバルデスについて論評していました。
1回に2点取りその裏2点を取られましたが、3回に再びビシエドのライトスタンドへのホームランが出た時は、5連勝間違いなしと思ってみていました。しかし、その裏バルデスが相手の4番筒香に同じようにツーランホームランを浴びてしまい、風雲急を告げるゲームになってしまいました。
結果は6回に田中浩康にタイムリーを浴びてリードを許したまま5失点でバルデスは降板し、リリーフした佐藤もDeNA打線につかまって4失点で4ー9で敗れました。

ドラゴンズファンには、ビシエド、大島が好調を維持しているのが頼もしいし、何より待ちに待ったルーキー柳が登板したことが嬉しい話題となりました。1イニングでしたが無難に投げ終えた柳は大いに期待が持てる投げっぷりだったと思います。
バルデスの珍しい乱調ぶりに連勝は止まってしまいましたが、話題は前向きなネタが多く楽しみなドラゴンズです。

今日の試合が始まりました!
ドラゴンズは鈴木翔太が先発です。
自分の良さをいかに出せるかが勝負です。
頑張って2勝目を上げて貰いたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

リリーフ陣が死なないように…

◆ 5/21(日) ― ナゴヤドーム
 中 日 7 - 4 広 島

同一カード3連勝を対広島に決めた瞬間、満面笑みの嬉しそうな吉見がナインに押し出されて勝利の握手の列の先頭に立っていた。皆んなに頭を下げる吉見の律儀な風景だったが、この1勝が本人にとってもチームにとってもどんなに大きなものであるかは語るまでもない。
解説の金村氏が繰り返し、開幕して好投しても勝てなかった吉見が1点もやれないという窮屈なピッチングをして来たが、この勝利をきっかけにまた吉見らしい伸びやかなピッチングが戻って来てドンドン勝てるようになるに違いないと言っていたのが印象的だった。
この日は5回87球被安打3失点1でマウンドを降りたが、次の登板からは7回8回を投げる逞しいエースの姿が戻って来るだろう。
しかし、これで岩瀬、三ッ間、田島は4連投である。
接戦が続く展開でやむを得ない所もあるが、それにしても登板過多である。4連勝中、他には伊藤が2試合佐藤が1試合投げているが、4連投の3人は1試合1イニング以内ではあるが、壊れてしまわないか心配だ。勝ちパターンの投手に頼らざるを得ない試合が続くがファームから調子が上がっている浅尾、福谷を上げて来ても良いのではと思うのだが…。
長丁場のシーズンでこれからもっともっと暑くなりバテる季節に入って行くから休ませながら沢山のスタッフで交代交代登板させる工夫を森監督、友利コーチにはお願いしたい。

攻撃陣は段々頼もしくなって来た。
大島が打ち、ビシエドが打ち、ゲレーロが打ち、京田も安定した力が出せるようになり、亀沢ら脇役も頑張っている。後は主砲の平田待ちである。
1点でも多く取って、ピッチングスタッフを少しでも楽にして貰いたいと願っている。
  昨日で借金が8になった。交流戦前残り6試合である。
6連勝が理想だが、そう簡単でもないだろう。
何とか4勝2敗、借金6で交流戦に入って行って貰いたい所である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

いよいよ吉見の番だ!

◆ 5/20(土) ― ナゴヤドーム
 中 日 2 - 1 広 島

1点差を逃げ切る為に、田島が前日の汚名挽回とクローザーとして連日のマウンドに上がっていた。
受けるマスクは松井雅、今日こそはと気張る田島だがこの日もボールが引っかかり気味である。
そして結局先頭の丸を歩かせてしまうのだ。
しかし、四球を1つ出して目が覚めたのかここから本来の田島のボールが行き始めた。4番鈴木をセンターフライ、5番安部を三振に打ち取りツーアウト、そして6番の松山をツーストライクナッシングと追い込み、今日は大丈夫だろうと思えた矢先、また松井雅の病気が顔を出した。何と外角に1球ボールを要求している。追い込まれて焦る松山には3球勝負で行くべきだ、さもなければ外角ではなく真ん中から内よりの低めにワンバウンドする位のシンカー系のボールを要求すれば空振りが取れるはずだと思うが、結局何の意味もなさない外角の完全なボールを投げさせるのだった、
カウントが1ー2になり、次の球が真ん中に入るのをライト前に弾き返されてピンチが広がって行くのだ。
さらにワイルドピッチで三塁にランナーが進塁し、にわかに大ピンチとなって行く。しかし、かろうじて會澤がボールツーから3球目のボールに手を出し、内野フライを打ち上げてくれてゲームセットとなる。
形としては1点差を逃げ切りセーブを上げる田島ではあったが、実に薄氷を踏む綱渡りのマウンドだった。
それもこれも、たった1球の無駄球が招いたことによるものである。松井雅が起用される試合が続いているのも、ここの所の好調なバッティングを買われてのことだと思うが、とにかく意味のない無駄球をお約束のように投げさせるのだけはやめて貰いたいものだ。

これで広島に連勝、今季初の3連勝だ。
又吉も好投し対広島戦のリベンジも果たした。
いよいよ、本当にいよいよ、吉見の番である。
吉見が広島を抑えて同一カード3連勝を果たせば一気に交流戦前の怒濤の逆襲作戦が成功しそうである。
頑張れ!吉見。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

劇的勝利に敢えて苦言を!

◆ 5/19(金) ― ナゴヤドーム
 中 日 5χ - 3 広 島
 (延長10回サヨナラ)

久々の連勝!しかも劇的な延長10回ビシエドのサヨナラホームランでの決着、今季広島に初勝利の夜になった。
昨日も書いたように「勝つ」ことは何よりである。
しかし、やはり一言記しておこうと思う。
昨夜はやはり、田島で逃げ切っておかなくては本当にナイスな勝利とは言えない。6回に追い付かれた裏に飛び出したゲレーロの勝ち越しホームランの虎の子の1点を岩瀬、三ッ間がパンフェクトに守り、迎えた最終回満を持して登板したクローザー田島が二者連続三振で後アウト1つまで行ったのだから、ここはこのまま終えなければいけないのだ。代打西川にストレートの四球、田中に初球デッドボールでは話にならない。広島を寝たままにして勝つのが、本当のクローザーの仕事である。
バットの振れている菊池にタイムリーを打たれるのが目に見えていた田島には余裕のなさが伺われた。
田島には、精神的にもっと強くなって貰いたい。

あともうひとつ苦言を!いや期待を込めての苦言を言いたい。ルーキー京田の守りである。
昨夜は同点に追い付かれた後の代打松山のショート後方に上がったテキサスヒット性のフライを背走してキャッチする超ナイスプレーを見せてくれた。逆転のピンチを救ったファインプレーであった。
がしかしである。9回田島が菊池に打たれたショート脇を抜けるセンター前の当たり、あれには何とか飛びついて止めて貰いたかった。京田のグラブ脇をセンターに抜けて行く打球が矢鱈と目立つのだが、三遊間寄りの動きはかなり俊敏なのに比べて逆のセカンドベース寄りの打球への一歩が今ひとつ遅いように感じられてならない。
京田が名ショートになる為には、セカンドベース寄りの一歩をとにかく練習して貰いたい。
そうすれば鬼に金棒である。
驚異の守備範囲を誇る遊撃手の誕生を大いに期待しながら京田には厳しい視線を送り続けて行きたいと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

『勝つ』ことにまさるものなし!

◆ 5/18(木) ― 阪神甲子園球場
  阪 神 1 - 2 中 日

やっとこさ、勝った!という夜になった。
久しぶりに美味いビールを飲んだ人たちも多かったのではと思えば、勝つことこそがやはり一番のファンサービスなんだろうと思う。
強かった落合政権時代監督自身がいつも言い続けていたことでもある。当時の少ない得点を守り切って勝っていた落合野球を揶揄するファンも少なくはなかったが、やはり振り返ると「また勝った」「また負けなかった」という結果が我々ファンの日常生活にどのくらいの心の健康をもたらしていたかを思えば、勝つという事実に叶うものはなかったと思う訳である。

言いたいことは山ほどあり注文も多い試合だったが、昨夜に関してはとりあえず良しとしておこうと思う。

またジョーダンが勝利の使者のような存在になってくれた。今季セリーグで巨人の菅野と並び安定性抜群のメッセンジャーに投げ勝ったのだから、そりゃジョーダンは大したもんだと思う訳である。荒木と平田の連打で勝ち越した後の8回にもマウンドに立ったジョーダンを見て安心したのだが、1人抑えてすぐに三ッ間が出て来た時は慌てた。ベンチの焦りが手に取るように感じられたからだ。三ッ間は一度もっと楽な所で投げさせて自信を取り戻してからの起用がいいと思っていたので心配した。登板してすぐ四球を出したのを見てハラハラしたが、その後の中谷をレフトフライに打ち取りホッとした。続いて鳥谷に岩瀬をぶつけたが、好調鳥谷とはまともに勝負を最初からしない体で歩かせ、上本で打ち取った岩瀬はベテランならではの計算だった。
これでクローザー田島に繋ぐリレーが完成した。
田島は1人四球を出すが後続を抑えて3連敗を免れた。

荒木が猛打賞でハッスル、2000本まで残り12本としてその日の到来を近くに引き寄せたし、平田が大島の死球禍による欠場に替わって入った3番で最後の最後で答えを出した。主力の活躍で勝てた試合だったことにも大きな意味があり、今日から名古屋に戻ってのカープ3連戦にも弾みをつけられた。

とにもかくにもなりふり構わず泥臭くガツガツと勝つことだけに専念した試合を今日からは見せて貰いたい。
交流戦まで残りあと3カード、何とか借金を5位まで減らしてくれると嬉しいが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月18日 (木)

野球の神様に見捨てられた森采配の行き先は?

◆ 5/17(水) ― 阪神甲子園球場
  阪 神 2 - 1 中 日

8回116球被安打3、6奪三振与四球2、失点2、完投。
これが昨夜のバルデスの投球成績である。
立派な完投勝利投手の成績である。
しかし、負けた!何故だ?
ドラゴンズは8安打を放ち、塁上を5度賑わせて取った得点が1、平田のセンター前タイムリー1本だった。
平田のタイムリーで同点に追いついて更に一死一三塁7回の最大のチャンスに、阪神は好投能見を思い切って桑原に替えた。本来ならここでドラゴンズも動くべきだと思うのだが、堂上をそのまま策なくただ打たせた。
堂上は相手チームを揺さぶる様子もなくあたかもクリーンアップの打者のように大きなスゥィングをしていた。
150キロ連発の桑原のストレートに負けた打球はファールが精一杯のように見えた。それなりにファールで粘りはしたが、最後は鋭い低めのカットボールに空振り三振を喫してしまいツーアウト。問題は次である。
バルデスは杉山を相手に阪神を7回までスイスイと原口に打たれた5回のホームラン1本だけに抑え、四球も与えてなかった。無駄なボールは1球たりともなく完璧なピッチングを繰り広げていたのだ。ホームラン以外は完全にパーフェクト状態だったのだ。
しかし、しかしである、その杉山に代打藤井を送ってしまうのだ。藤井は初球を敢え無くショートにゴロを転がし逆転のチャンスを潰してしまった。
森監督に勝ち運があるならば、果たしてこの采配を、このような選手起用をしているだろうか?
最大ののピンチにオーソドックスなプレイヤー堂上は相手にとってプレッシャーは最小であろう。小技もなく何らかの揺さぶりも見せないドラゴンズの姿勢を力勝負と捉える阪神には楽だと言えた。相手がいやがる選手起用をしなくては拮抗した局面をこじ開けることは難しいのだと思う。ならばここは代打工藤か亀沢ではなかっただろうか?そして、工藤か亀沢で上手く行かなかったとしても次の杉山は替えるべきではなかったと思うのだ。バルデスを替える選択肢は考えられかったのだから…。いいリズムを作り続けている相棒杉山の交代にはリスクが多すぎるのだ。結局、堂上をそのまま打たせて失敗、杉山にも代打藤井を送って失敗。実はこの采配の結果で昨夜の勝ち運は雲散霧消して行ってしまっていたのだ。

8回からは野球の神様からも呪われているかのような負け運のシンボル松井雅が登場して来てしまう。松井雅は先日、スタメン発表後の試合前に相手チームの練習ボールを顔に受けてしまうという考えられない程の不運な男である。その試合は申し訳ないが松井雅の負傷欠場のお陰でチームは連敗を脱出するのだ。
奇跡的な9回にビシエドの逆転スリーランが飛び出す勝利だった。松井雅の怪我もビシエドの逆転ホームランもなかなか考えられない出来事だとしたら、これは松井雅がいかに疫病神であるかという証明のようにも思えた現象であった。

松井雅に替わったことによるバルデスへの影響は7回には現れなかったが、阪神の早打ちに助けられたものだった。松井雅は初球の入りが外のストライクというデータによる早打ち作戦のように見えた。そしてそのデータによる阪神の早打ち作戦が8回には功を奏してしまう。
8回、一死後唯一ホームランを打たれている原口を嫌がったのか珍しくストレートで歩かせ(初四球)、梅野に送りバントを初球に決められ、前の回守りから9番に入っていた高山に何と初球を狙われセンターオーバーの勝ち越しツーベースを打たれてしまうのだ(2本目のヒット)。
打たれたボールは外よりの低めのストライクのストレートだった。
   ここでも細かい話だが記しておこうと思う。
8回の原口への四球だが、初球の入りは外のスライダーだった。おそらくストライクのスライダー要求だったのだろう。原口の初球を狙っているのが見え見えなのを察したバルデスがストライクを嫌がってバットの届かない所へボールのスライダーをわざと投げたのではないだろうか。この段階で捕手松井雅と意志の疎通を欠いているバルデスを何となく感じてしまった。そして、何となく原口をストレートの四球で歩かせてしまったように思えた。この微妙な意志の疎通のズレが、梅野、高山への初球の入りの甘さに繋がって行ったような気がしてならない。悪魔に魅入られた2球になってしまったのだ。
リードされたバルデスはその後自分を取り戻し、ピンチを作るが自分のペースで松井雅のサインに沢山首を振りながら後続を断ち8回を投げ切った。
杉山を替えた影響は結果以上に甚大だったのだ。

最終回に訪れたラストチャンス一死一三塁に、何と疫病神松井雅に初球にセフティスクイズのサインを森は出したのだ。
そのまま打席に立たせたことにも疑問が残るが、大事な局面にスクイズをこの疫病神に…!決まる筈がない。
自分も生きようとしたのか、慌てて走り出すような中途半端な姿勢で試みたスクイズバントはファーストファールフライになり作戦大失敗に終わるのだ。ついている選手ならこれがファールになりもう一度チャンスを貰えるのだが、この疫病神には初球失敗の鉄槌が下ってしまうのだ。ここでも代打はなかったのか?工藤もバントの上手い木下もいたのに…。
最後の打者は代打周平だった。大ピンチを逃れ開き直ったドリスの力一杯のクソボールを2球続けて空振りした無様な格好の三振で全てが終わってしまった。

ことごとく、野球の神様に見捨てられた森采配はドラゴンズファンをまた一歩深い奈落の底に突き落とした。
どちらにも勝つ可能性のあった試合に、敢えてトップオブザ疫病神の選手を使う森采配に神様は首を振ったとしか思えない試合だった。

書きたくないが、何をやっても上手く行った金本采配とは雲泥の差があった。好投能見をすっぱり交代させたこと、スタメンを外されて悔しい想いの高山を能見交代と共に中谷に替え敢えて9番の打順に据えたこと(これは矢野コーチの強い進言だったらしい)、そして試合後金本監督は試合のヒーローに好投能見を始めとしたリリーフした桑原、ドリスら投手陣と、高山9番起用を進言した矢野コーチを上げていた。ドラゴンズの負け采配を嘲笑うかのように聞こえたのはきっと僕1人ではなかったと思う。悔しいが認めざるを得ない見事な金本采配だった。

野球の神様にすっかり嫌われた森采配はこれから何処を目指して行けばいいのだろうか、僕自身も分からなくなってしまっている。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

前を向け!大島、平田!

◆ 5/16(火) ― 阪神甲子園球場
  阪 神 8 - 1 中 日

僕たちが一番観たくない試合そしてチームがファンに一番観せたくない試合が昨夜甲子園で行われてしまった。

ツーアウトから簡単に四球を与えて、そこから失点に繋がって行く最悪の展開(鈴木翔、アラウホ)。折角出たランナーが場面をわきまえず理解不能の単独盗塁を試みて失敗するセオリー無視のプレー(京田)や、高めの完全なボールを工夫なく無茶振りしての三振を喫する主力打者たち(平田、大島、周平)。得点差もあり敢えて思い切った走塁をして結果打球判断を誤ったことになった併殺ゲームセット走塁(平田)などなど、実に緊張感を欠き、チーム全体で戦っているという意識の欠如がプンプンした雰囲気のゲーム進行にベンチも打つ手なしの感が溢れていた。絶望的末期症状のようで哀しすぎる夜になった。

そんな中、二千本達成を控えた超ベテラン荒木が元気一杯のプレーを最後まで負け試合にも関わらず躍動させたプロ意識はチーム全員が学ぶべきである。
先日も書いたが、こんな時こそ主力が元気を出さないでどうするんだと言いたい。

  大島、平田!どうしたんだ!前を向け!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

平田と大野

◆ 5/14(日) ― 松山坊っちゃんスタジアム
 ヤクルト 5χ - 1 中 日
 (9回サヨナラ)

9回あそこで平田がどんな当たりでもいいから打ってくれていたら…
9回あそこで大野がどんな形でもいいから抑えてくれていたら…

この2つこそが昨日の試合でドラゴンズファンの誰もが思ったことではないだろうか。
肝心な大事な所で打つのがスター、肝心な大事な所を抑えるのがスターなのである。
かつてのドラゴンズにも沢山のスターがいたが、スターと呼ばれた選手は皆んな必ずファンの期待に応えてくれたものである。
今のドラゴンズで、明らかにこの平田と大野がスター候補生でありスターになって行かなければならない選手である。
でもそこへの道のりの遠さをまじまじと実感させられた昨日であった。

この日の吉見には、鬼気迫る迫力があった。
絶対に勝ち越させない、絶対に負けないという悲壮な覚悟を胸の奥に秘め、闘志をたぎらせてヤクルト打線に向かっていた。8回114球被安打3、無四球、奪三振3失点1で投げ終えた吉見はベンチ最前列で9回味方の攻撃に声援を送り続けていた。ビシエドのボテボテのサードゴロに大島がセカンドで封殺されたギリギリのプレーにも大きな声で「セーフ!」と叫んでいた。そして、二死一三塁のラストチャンスにバッターボックスの平田を祈るように見つめていた。サードファールフライに平田が倒れたのを見届けて、今日の勝ちがないことを受け止めてベンチ奥に消えて行った。
おそらく、ベンチの誰もが、球場の全てのドラゴンズファンも、テレビ、ラジオで応援している全てのファンが今日こそは吉見に勝たせてやりたかったと思っていただろう。正に気合のこもった8イニング114球だったのだ。
  2回の失点も京田の併殺を焦ったファンブルによるものだった。
吉見には悔やんでも悔やみきれないプレーになってしまった。前回登板でもゲレーロの拙守がきっかけで崩れてしまった自分を人一倍責めた吉見だったからこそ、こんな若手の拙守も吉見にとっては大きな試練であったに違いない。
京田に対して敢えて厳しい苦言を言えばこの2回の先頭雄平の当たりも正面に入れば取れた当たりだった(記録は中前安打)。京田を襲う強い当たりがグラブに当たりセンターに抜けて行くシーンをよく見かけるが最初の一歩が遅いから正面に入れず半身になってしまいグラブの脇を抜かれてしまうのだ。とにかく練習あるのみである。
頑張って貰いたい。
打撃においては徐々にしぶとく粘り強い面が現れて来たので楽しみにはなって来たが…。

チームの不振を自分の不振のせいに結びつけてこの日最高の気迫を見せてくれた吉見に応えられなかった、平田と大野は何を思いながら四国を後にしただろうか。

力みすぎてパフォーマンス以前の部分で空回りして結果が出せない平田、自分のボールに自信が持てないのか投げるボールのひとつひとつが言うことを聞かず制御不能なコントロールの大野、この2人の若きリーダーが大事な局面に立ち、どちらもがいいパフォーマンスが出来ない現状では負けるべくして負けたと言えるのかもしれない。
明らかに格下のヤクルト荒木がツーボールナッシングから絶対にストライクのストレートが来ると信じて振り切った打球がレフトスタンドへ向かって行ったのは荒木の強いハートの勝利であった。

母の日に母の手ひとつで育てられた大野が母親に勝利を届けられなかった無念を一生忘れないで行って欲しい。

ドラゴンズの逆襲は、平田と大野にかかっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

ザ・スケットデー 5.13

◆ 5/13(土) ― 松山坊っちゃんスタジアム
 ヤクルト 3 - 4 中 日

ドラゴンズ打線はヤクルト先発小川に7回ツーアウトまでゲレーロの一発だけで、完全に抑えられていた。
手も足も出ないといったパーフェクトピッチングをされていたのだ。2安打目をビシエドがレフト線に2塁打し、平田が初めての四球を選ぶが代打の藤井が三振で0点に終わった。8回もゲレーロにヒットが出るがダブルプレーなどで3人で小川に抑えられた。
ドラゴンズ敗色濃厚の四国松山の坊っちゃんスタジアムはヤクルトファンで盛り上がっていた。
ドラゴンズも又吉が10安打を打たれながらも6回を2失点でクオリティスタートは果たした。リリーフした伊藤とアラウホはヒヤヒヤの投球だったが内野ゴロ野選による1失点で何とか投げ終えた。
最終回、ヤクルトのマウンドにはクローザーの秋吉が上がった。ドラゴンズにとっては憎っくき小川が代わったことだけが一縷の望みだった。先頭の京田がしぶとくセンター前に打って出塁。続く代打の亀沢もライト前に運んで一二塁。大島はセンターフライに倒れたが、ビシエドがバッターボックスに向かった。悪い予感が走ったのか解説の大矢氏がここでホームランが出たら逆転だねと呟いた。
ビシエドは秋吉の初球、高め外よりのストレートを思い切り引っ叩いた。打球はレフトスタンド上段へと。
ここまで静かだったレフトスタンドがお祭り騒ぎになった。逆転スリーランである。大矢氏の胸騒ぎが的中してしまった。あっと言う間の逆転だったが、いつもは逆にドラゴンズが同じ目にあっていた。
やられた秋吉が呆然としていたのが印象的だった。
リリーフ投手は常に受難者になってしまうのだ。

試合後に森監督もいつもはうちがこれをやられているので真中監督の気持ちもよく分かるというコメントを出していた。
最後の守りは田島が三者凡退に抑えて見事な逆転勝ちになった。

今のドラゴンズはこの最終回の守りの直前に逆転して直接誰も挟まずに田島に繋ぐ形が一番良さそうだ。逆転を守るイニングが長ければ長いほど心配がかさみそうだからである。
いずれにしてもこの日は正に助っ人デーであった。
6安打4点のうちゲレーロ、ビシエドで4本2ホーマー4打点、そしてオマケでアラウホも登板2試合目にして来日初勝利を上げることができた。
完全な負け試合が勝ちになるとてもラッキーな1日になった。

心配は、当たりが止まっている大島と平田である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

どうした?岡田!

◆ 5/11(木) ― ナゴヤドーム
 中 日 3 - 4 DeNA

打たれながらもいつも通り粘り強いピッチングで逆転してくれた2点差を守ったまま、バルデスは名残惜しい顔でマウンドを降りた。
リリーフに出て来たのは岡田である。
これは僕の予想が的中した。
この7回は岡田が一番いいと思っていたから。
しかし、何だか岡田の様子がいつもと違う。
冴えない顔色をしているのだ。
リリーフに心の準備ができてなかったのだろうか?
投球練習に入る岡田、ボールに勢いが感じられない。
簡単に言うと気分が乗ってないように映ったのだ。
マスク越しに杉山の表情が見える。
不安げで心配そうな眼をしている杉山。
大丈夫だろうか?
代打エリアンへの初球、とんでもない高いボールに杉山が飛びついて取った。
本当に大丈夫か?
2球目がど真ん中に入って行く。苦もなく打ち返したエリアンの打球はセンター前にクリーンヒットが…。
マジに大丈夫だろうか?
バッター倉本、今季は2割そこそこの打率で苦しんでいるバッターである。
初球、杉山は外角に真っ直ぐを要求した。ボール気味の要求だったのかもしれないがほぼ真ん中に入って行く。
初球を狙っていたのだろう。
迷いのないスゥィングで思いっきり引っ張った倉本の打球がライトを目掛けて飛んで行く。
平田が見送った。
ライトスタンドギリギリに飛び込んでしまった。
たった3球で2失点、あっという間に同点にされた。
マウンドでガックリうつむく岡田。
ベンチ前方で見ていたバルデスが映った。
その瞬間、タオルを首に掛けてベンチ裏に消えたバルデス。今日も勝てなかった。
ショックの岡田は、放心したまま桑原と梶谷を抑えるがロペスに捕まった。右中間にツーベースを浴びてしまうのだ。そして筒香、ストレートとスライダーの2球でツーストライクと簡単に追い込んだ岡田、よしっ!何とか同点で切り抜けるかもと思った瞬間、サインミスが起きた。杉山は3球勝負で筒香が合ってないスライダーを低めにワンバウンド要求したに違いない。だが、放心したままの岡田は、外角低めにストレートを投げ込んでしまうのだ。杉山がボールを後逸する。ロペスが3塁へ。
いや、でももう1球低めにワンバウンドのスライダーを投げれば打ち取れる、そう思った。
杉山が外角に低く構えた。岡田が投げた。
スライダーが打ちごろの高さに入って行ってしまう。
筒香のタイミングが合わないまま打ち損ないの打球がライト前に飛んで行く。あらかじめ深めに守っていた平田の前に打球が落ちた。逆転されてしまった。
パスボールがなければ3塁で止まっただろうに残念だ。

時間にして約5分、冴えない顔色の岡田の顔は最後まで冴えないままだった。
逆転されても7回を投げ切ってマウンドを降りる岡田は放心したままだった。

真面目で心の優しい岡田はきっとボロボロになっているだろう。WBCから帰って来てしばらく自分を取り戻せなかった岡田にまた戻ってしまうのが心配だ。

この日の失敗を取り返すチャンスはきっとすぐに来る。
岡田よ!最初からいつもと違った昨夜のことは忘れろ。

ドラゴンズファンは君を決して責めてないから。

森監督がみんな俺が悪いと言ってくれただろう。

いつもの元気な岡田でまた厳しいマウンドに戻って来てほしい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

右左仕様のスタメン作りはいつまで?

◆ 5/10(水) ― ナゴヤドーム
 中 日 1 - 3 DeNA

ドラゴンズというチームはなぜ連勝しているメンバーをわざわざ替えるのだろうか?
これは永遠の❓である。
昨年、一昨年と谷繁ドラゴンズも、相手の先発の右左によってコロコロコロコロ替えて失敗を繰り返して来た。
色んな選手にチャンスを与えるのも大事だが、泥沼の7連敗の寸前で阻止したメンバーで連勝していいリズムになって来ているので、しばらくはこの勝ち運を持ったスタメンを続けてみるのが大事なのではないだろうかと思うのだが、昨夜もその右左仕様でスタメンが替わっていた。
一体誰がスタメンを決めているのだろう?
一説によるとスタメンはコーチに任せているというようなコメントが森監督から出されているようだから、森監督ではないのかもしれない。
右左仕様で作ったスタメンで奏功しているのならともかくずっと見ている限りその効果はないと見る。
もしその極端な采配が効果てきめんであるなら潔く脱帽するが…。
右投手の場合は起用されない選手がいたり、左投手の場合は試合に出ることもない左バッターにはその得手不得手も分からないままだ。様々な考えはあると思うが、まずは調子のいい選手、そして何よりも勝ち運を持った選手を使うのが肝要だと考える。いい流れで来た打順の流れを敢えて断つのが理解できないのである。
昨夜はスタメンを見た瞬間、ガックリ来て気分が暗くなってしまった。右投手用のスタメンの中で最もガッカリしたのが松井雅の起用である。
ジョーダン、鈴木翔太に連続して起用した木下がいいリズムを作っていたので、小笠原にも木下を当てるものだと思っていた。松井雅がいかに欠陥を持っているのかはここまでのデータを見れば一目瞭然である。
今季松井雅は昨夜で8度目のスタメンであった。
吉見が2回、ジョーダンが2回、大野が1回、バルデスが1回、鈴木が1回、そして昨夜の小笠原だ。成績は3勝5敗であるが先発投手で勝ったのはジョーダン1人である。
大野もバルデスもその試合には勝ったが、5回6回までに楽に100球を超えていたことから接戦での降板を余儀なくされていた。吉見のようにコントロールのいい投手であっても、四球は複数あったし何より6回辺りで100球を超えていた。その理由はただひとつ、無駄球の要求が誰彼となく多いのである。「そのボール要らない!」と思うケースは度々だが、無駄な変化球の要求が多すぎると解説者たちに言わしめている。ジョーダンも鈴木も好投しながら球数がいつしか増えてリードされて降板していたが、捕手が木下に替わり理想的ないや普通の球数で投げ勝ち投手になった。無駄な球を投げさせず無駄な四球を出さないことが守りや攻撃にどれほどいい影響を与えるのかは言うまでもない。鈴木の場合、松井雅の時は4回途中で95球を投げ6四球を与えていたが、木下に替わり6回途中で88球無四球だった。この違いはけたたましく大きいのである。無駄なボール球を投げさせらてカウントを悪くして球数は増え四球は増えては投手も野手も何よりベンチがたまったものじゃないはずだ。これは投手よりも捕手の責任の方が何倍も大きい。なのに、右投手には松井雅を使うベンチ、昨日もヒットを1本打ったが捕手面でのマイナスを補うのに足りる価値は全くない。
松井雅には再教育が必要である。さもなければ先発投手は早いイニングで降板するのは必至だし、攻守に与えるマイナス面が大きすぎて8割方負けると断言する。

今朝の新聞には小笠原の課題が沢山書かれてあったが、威力のあったストレート中心の組立てではなく変化球、主にチェンジアップの多い配球に問題があったのだ。
しかもボールにする変化球のサインが多すぎて5回で100球を軽く超えていたから小笠原が早くにスタミナ切れして行くのも当然である。
昨夜に関しても捕手松井雅に敗戦の責任が8割あったと考える。捕手が替われば小笠原も必ず勝つはずである。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

ビシエド wake up‼︎

◆ 5/ 9(火) ― 岐阜長良川球場
 中 日 8 - 3 DeNA

鈴木翔太21歳が、岐阜長良川球場でプロ入り初勝利をあげた。5回3分の2を投げて88球被安打8、奪三振9、無四球、失点2で岩瀬にバトンタッチしてマウンドを降りた。
もう少し投げさせてみたかったが、まずは初勝利を優先させたのだろう。ストライクが先行してリズミカルな投球で気持ちがよかったが、ストライクから入るピッチングを狙われて途中から徹底した初球攻撃を仕掛けられていたのが少し気がかりだったので、ボールから入る余裕も今後は必要とされるのではないだろうか。
いずれにしても、4年目ドラ1の鈴木翔太のプロ野球人生がこの長良川から始まったことを記憶しておこう。

それにしても、2日続けてのビシエド、ゲレーロのアベック弾には驚かされた。しかも2人共マルチ安打だ。
ビシエドは3安打3打点、ゲレーロも2安打1打点で、4番と7番に坐り、上位打線、下位打線の2人の4番バッターがいるような活躍である。共通するのは、選球眼がよくなったということだ。完全なボールを振ってしまう無様な空振りのシーンが少なくなった。そういう意味では2人共本物になって来たといえるかも…。
ゲレーロはまだ、前かがみになり過ぎて絶好球を打ち損じるケースがあるので、もう少しといった感じではあるが、ビシエド様は完全に目覚めてくれたようだ。
内の球や外の緩い変化球はセンターから左に跳ね返し、外の速球はセンターから右へ素直に打ち返している。
これがビシエドの本来の姿である。必要以上の力みも感じられず実に頼もしくなって来た。
5月は何と5割超えらしい。

昨夜は最終打席で漸く、悩める主砲平田にタイムリーが出た。一二塁間に会心の当たりが飛んで行ったのが嬉しい出来事であった。
ビシエドが完全覚醒、ゲレーロ覚醒までは時間の問題、平田にも遅い桜開花が近々にありそうだ。

鯉の季節が終わったら、今度は龍の季節が来るのだ。

今夜は小笠原がDeNA打線の前に仁王立つ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

連敗ストッパーはジョーダンだった!

◆ 5/ 7(日) ― ナゴヤドーム
 中 日 8 - 1 巨 人

きっとこの男が連敗ストッパーになるような気がしていた。背番号99番、ジョーダン・ノルベルトである。
来日2年目だが、1年限りでクビ寸前の身だったジョーダンは実は昨シーズンも3連敗を3度4連敗を1度、都合4度連敗を止めていた。チームが最もあてにしていなかった先発投手だったが、そのジョーダンが今年も大型連敗を救ってくれた。今季は最初は敗戦処理的な局面でのリリーフ登板が殆どだったが、安定したピッチングをしていたので4月の中旬以降先発に回り昨日が4度目の先発だった。先発に回ってからも全て5回以上を投げてクオリティスタートの責任を十分に果たしていた。
荒れ球だがハマるとなかなか打つのが厄介なサウスポーなので対戦が少ないジャイアンツ打線には打ちにくそうに感じていた。
気負いもなくいつも通りに淡々とバッターに向かって投げ込んで行く投法はバルデス同様知らぬ間に自分のペースに巻き込んで行く魔力を持っていそうな気がした。
コンビを組んだのも今年初めて先発して好投した4月19日の時と同じ木下だったのでリズムが合っていた。
右バッターには内角をえぐるストレートを使いながら的を絞らせずに凡打の嵐を築いていた。中井、マギー、長野には1本も打たせなかった。左の阿部、橋本も抑えて7回112球被安打3与四球4無失点でマウンドを降りた。
連敗ストッパーに相応しい見事なピッチングだった。
試合も2回にゲレーロが内海からスリーランホームランを打って先制、ビシエドも4安打1ホームラン1ツーベース4打点で2人で7点を稼いだ。
頼りにならないと評論家連中にこき落とされていた助っ人3人の活躍で連敗を6で止めた。
暗い暗いGWも最後の最後で8ー1の大差の勝利を見せてくれた。
大型連敗を大型連休の最後の最後でストップさせてくれたことはとにかくよかったと思う。ここからである。
やっぱり皆んなの嬉しそうな顔が見られるのはいいものである。
まだまだ借金返済の旅は続くが、元気だけは忘れず夏に向かって行って貰いたい。
小笠原も先発に上がるだろうし、ルーキーの柳も上がって来そうな感じである。
2000本まであと19本になった荒木も変わらず元気なプレーを見せてくれている。
悪いことばかりではない、前向きに頑張ってほしい。

皆んなの笑顔こそが明日への糧である。
外野の声は厳しいものばかりだが、ファンの我々も含めポジティブシンキングで行かなきゃと思う。
不調を極めているビシエドとゲレーロはお互いにネガティヴなことは一切言わない約束で来ているらしい。
山あれば谷あり、苦あれば楽あり、明けない夜はないから常に切り替えてポジティブな野球を見せて貰いたい。

昨日は助っ人様様な日になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

こんな時だからこそ元気を出せ!

◆ 5/ 6(土) ― ナゴヤドーム
 中 日 1 - 6 巨 人

昨日はセリーグにとってはすごい1日になった。
阪神は広島相手に5回まで0ー9だった9点差をひっくり返して12ー9で勝利、DeNAはヤクルトに8回まで0ー5の5点差を追い付いて延長に持ち込んで6ー5でサヨナラ勝ちを納めた。阪神は9点差をひっくり返したのは史上初ということで、この試合のウイニングボールを甲子園球場に飾るらしい。ひっくり返された方はたまったもんじゃないが…。どちらの試合も何でもないエラーがきっかけになって流れが変わったようだ。
よそのチームの試合を評している場合ではないが、ドラマチックな試合展開を話さずにはいられなかったのだ。

我がドラゴンズといえば、大野が期待に応えられず6回途中1ー3の2点ビハインドの状況でマウンドを降りてしまった。リリーフした伊藤準規と小笠原慎之介が共に今季初登板して無失点に抑えたのがせめてもの収穫であった。
大野に関してはどう評していいのか分からないが、この試合こそと臨んだ初回に二死から坂本にバックスクリーンに特大のホームランを浴びてしまい出鼻をくじかれたショックをずっと引きずって投げていたように見えた。
試合中になかなか切り替えが出来ない精神面の弱さが昨日も表れていたのが残念でならない。
という意味では坂本の初回の一発が全てだったような気がする。それでは球場に応援に行ったファンはたまったもんじゃないが、大野が乗り越え克服していかなくてはいけない欠点である。
投手のリーダーである大野の元気のなさはナインにたちまち伝染するものなのだ。
昨日の試合は最初から最後までチーム全体が重く暗い雰囲気で戦っていたように見えてしまった。ファンにとってはGWの最後の土日で皆んな連休明けの活力を貰おうと球場に足を運んだのではないだろうか。
重い足取りで帰路に着く人々の気持ちを、大野も分かっているに違いない。思うようなピッチングが出来ない今シーズンがもどかしく腹立たしく思っているのは大野自身であろう。
解説の小久保氏が言っていたが、チームが不調の時こそチームリーダーたる大島や平田、そして大野が声を出して元気に皆んなを引っ張って行って欲しいと…。

これで6連敗、遂に借金が10になってしまった。
トンネルの出口がなかなか見えてこないがまだシーズンは100試合以上ある。ひとつひとつ借金を返して行くしかない。打てない日もあるし、抑えられない日もあるがミスだけはしないように心掛けて行こう。試合に負け続けていても元気だけは忘れずに行こう。スランプのない足だけは動かし続けよう。元気に走り回っていればきっと何かが見えてくるはずだ。
今日はGW最終日だ。
とにかくとにかく元気に戦って欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

8回のピンチでの選手起用の明暗

◆ 5/ 5(金・祝) ― ナゴヤドーム
 中 日 2 - 3 巨 人

こどもの日。久々に地元に帰って来たドラゴンズを迎えるかのようにナゴヤドームは満員札止めだったようだ。

しかし、昨日も負けた!
敢えて『惜敗』と言っておこう。
8回のピンチに、好投バルデスの球数も120を超え始めていたのと、6番石川がバルデスにタイミングがあっていたので(2安打)森監督が登場、交代である。この時点ではまだ1点リードしていた。石川、小林、投手と続く打順と対して行くのだが、小林の所は捕手だから代打は来ないだろう。残る代打のコマは右は村田、左は亀井と橋本あたりか。さて、果たしてリリーフに誰が出てくるのだろう?注目の一瞬だ。
森監督はここでも敢えて右の三ッ間を起用した。前日はリリーフに失敗して負け投手になっていた三ッ間だ。
多弁で喧しい実況アナウンサーの森脇が叫ぶ。
「またまた三ッ間だ!三ッ間です。2人目は三ッ間」と絶叫した。
「またまた?」だと?お前が言うな!皆んなが不安になる。昨日初めて失敗しただけだ。翌日リベンジの場を与える采配をするのが投手出身の森監督なのだ。
「三ッ間に昨日のリベンジを期待しましょう!」とか言ってみろとテレビのこちら側から思わず叫んだ。
予想通りではあるが当たっている石川に替えて亀井が代打1番手で登場して来た。
僕は思った、果たしてこの起用は森監督には想定内だったのだろうか?
亀井の代打成功率は今季際立っていた。サイドから投げられる三ッ間のような投手は亀井の大好物に違いない。
難しい局面ではあった。
バルデスの続投で石川、小林と対戦させる手もあった。
せめて同点までは…。
はたまた亀井を出させない為に、岡田か思い切ってこの日上がって来た小笠原を石川、小林にぶつける手も…。
後は、どうしてもこの試合は勝つという強い意志でここから敢えて田島で勝負をかける方法があった。
結果として、三ッ間対亀井というどちらかと言えば相手に利が多い対戦になり、カウントを悪くした三ッ間のストライクを一二塁間に跳ね返された。亀沢がグラブに当てるも一歩及ばず2塁から寺内が帰って同点。グラブに当たっていなければ3塁で止まっただろうがこれも不運だった。そして12球団最低打率の小林に見え見えのセフティスクイズを決められてしまい逆転を許してしまうのだ。この小林に対する配球にも問題はあった。スライダーを4球続けた末のスクイズ成功だった。
タイミングはアウトだったが、ボールが杉山のミットからこぼれ落ちてしまったのだ。
最終回、ビハインドの状態でも田島が登板してきた。
ならば、あそこで禁じ手ではあるが田島の起用もあったのかもしれないと思った。
前日のリリーフ失敗で少し心が折れていた三ッ間に好調亀井の料理は荷が重かったような気がしてならない。
ひょっとして、森監督は当たっている石川は替えずに小林か投手の所に代打と思ったのかもしれない。
三ッ間には石川だけをとにかく抑えてくれと送り出したのかもしれない。ジャイアンツの選手層の厚さを見せつけられた選手起用であった。
僕の私観だが、この日のバルデスには運があったので、あの回は続投させても無失点に抑えたような気がしている。運を味方につけている選手を見極めるのもなかなか容易ではないが、この所のドラゴンズリリーフ陣は登板過多や遠征の疲れも重なっている様子が伺えるので先発を通常よりも思い切って長く引っ張って我慢してみるのも一案であると思う。

振り返って見ると、京田が坂本の当たりを取ることができなかったのも、亀沢が亀井の当たりに一歩追いつけなかったのも、最初の一歩が遅かったのが原因である。
堂上、荒木だったら…とも感じるが、2人の若手にはとにかく練習あるのみである。

SNSでは、不振のドラゴンズに対して心ない罵声の嵐が吹き荒れているが、選手は愚直にボールに食らいついて絶対に最後まで諦めずに必死にやって行くしかないと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年5月 5日 (金)

又吉が打たれ三ッ間が打たれ敗れはしたが…

◆ 5/ 4(木・祝) ― マツダスタジアム
 広 島 8 - 7 中 日

悪い予感がした。
1点リードで8回逃げ切りに三ッ間がマウンドに上がった時だった。
今のドラゴンズの必勝パターンではあったが、カープの打順が6番西川から、野間、会沢と続く打線と相対する三ッ間の気持ちが心配になったのだ。
昨年、育成選手だった三ッ間がファームでさんざん相対して来たメンバーが続くからである。
お互いに長所も短所も癖もよく熟知していて、支配下になって脚光を浴び始めている三ッ間の方に力が入り過ぎないだろうかと心配していたのである。
案の定いつもの三ッ間と違って力が入っていた。簡単にストライクが取れる投手が力んでボールが高く浮き気味でボールが先行していた。先頭の西川にはファールで粘られカウントが苦しくなり、勝負球がストライクゾーンにシュート回転して入って行ったボールをジャストミートされてライトスタンドに運ばれ同点。プロ入り初の被弾であった。続く野間にもボールが先行して四球を与えてしまうのだ。好調広島打線に於いて一番打ち取りやすいバッターだと思ったが、三ッ間が何故か投げにくそうに見えた。昨年ファームでの対戦を思い出したのだろうか?西川にホームラン、野間に四球と三ッ間に対する不安が的中してしまった。会沢には送られ、代打の切り札新井に狙いすまされたように外角からシュート回転で真ん中高めに入るボールをライト線に痛打されてしまうのだった。ここでも三ッ間はいつもと違い力んでいた。
昨年2軍でしのぎを削った相手、西川、野間を抑えられなかったことが後を引いていたように見えた。
三ッ間の登板に打順のあやが平常心をかき乱す要因を生んだのが何とも皮肉に思えた。仮に同点だったらもう1イニング岡田が投げていたかもしれないし、三ッ間も守りに入る投球をしなくてもすんだかもしれない。
連敗脱出の使命を背負い登板したが相手打順が昨年2軍でさんざん戦ったお互いを知り尽くした面子だったことから目に見えない力みが三ッ間を襲ったに違いない。
現在ドラゴンズに於いて、勝利の使者である又吉が5回5失点と打ち込まれ、リリーフの切り札三ッ間が2失点で逆転され、今のカープ打線は全員が絶好調で手がつけられない状態で哀しいかな3連戦3連敗になってしまった。
今日は取りつ取られつの接戦でドラゴンズもミスのないしまったゲームをしたと思う。好プレー好走塁も出たし両外人からも最後まで緊張感を持ち続けている必死さが伝わってきた。
勝利の女神が広島に微笑んだということだろう。
ただひとつだけ、このことだけは記しておこう。
広島のレギュラーではない選手たちのシャカリキな必死さをドラゴンズの選手特に若手には学んで欲しい。
チャンスを貰った安部を始め会沢や西川や野間らのチャンスを与えられた選手がどん欲で必死にプレーする姿には驚かされる。レギュラーを取るぞというガッツが滲み出ている。
周平や井領や京田ら若手には是非この図々しいまでのどん欲さを学んで貰いたいと願っている。
そういう意味では今亀沢が必死にガムシャラにレギュラーを取るぞとやっているのが分かる。みんながガツガツとハイテンションで競い合うチーム環境を作って行って貰いたいのだ。

解説の前田智徳氏がしみじみ言っていた。
連日満員のスタンドを見て、長い間下位に低迷していたカープのことを皆んな忘れてるんだろうなあと。
この満員の熱狂するファンが選手の背中を押してくれて今の強いチームがやっと出来上がったんだと。
その為には選手には是非連覇を成し遂げて貰いたいと。

我がドラゴンズは今は最高に弱いけど、いつかきっと選手のテンションが最大になるべく強いチームになるように僕達ファンが我慢強く応援し続けていかなきゃいけないんだと、マツダスタジアムで躍動する強いカープを見て改めて思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 4日 (木)

虚しさだけが残る敗戦

◆ 5/ 3(水・祝) ― マツダスタジアム
 広 島 7 - 4 中 日

GW、真っ赤に染まったスタンドの声援が怒涛のようにのしかかって来る敗戦を味わったドラゴンズ、チームもファンも最大に惨めな5月3日になった。
連日に渡る助っ人外人のイージーな失策がナインをファンを大きな落胆に陥れた。
前日のビシエドのフライ落球もこの日のゲレーロのゴロ後逸やキャッチングミスは、全て野球の基本を怠るプレーである。
昨日も書いたが打てない守れない選手は、打てるまで守れるまでは外人であっても起用するべきではない。
そこを仕方がないと許すことが、選手の為にならないことを監督始め首脳陣は認識すべきだと考える。
2人の期待の助っ人が、自分たちが今どうすべきかを試合から外されて冷静に考える時間も必要な気がしてならない。負のスパイラルが空回りし続けて行くだけだと思うのだ。
体勢が決まってからだが、ゲレーロは8日ぶりに一発をレフトスタンドに打ち込んだ。またこの日はツーベースと合わせてマルチ安打を記録した。しかし、その打撃成績はかき消すに等しい2つ続けた失策であった。
悪いながらも踏ん張る吉見の緊張の糸を切り、ナインの反撃への闘争心を喪失させてしまう程のイージーミスだったのだ。

この日の吉見の女房役もあの男、松井雅だった。
昨日も書いたがこの松井雅がスタメンに名を連ねると勝つ気がしない。これで4試合連続スタメンである。初戦のバルデスとの阪神戦は相手のミスで勝ったが、ジョーダン、鈴木翔太と続く2試合は明らかに松井雅のリードミスで試合を失っていた。そして昨日、吉見とのコンビである。吉見は黙って松井雅のリードに従って投げていたが、吉見の卓越したコントロールとコンビネーションを駆使したリードとは程遠く感じた。吉見をリリーフして出て来た岩瀬は首を何度も振って投げていた。
かつて、吉見も岩瀬も谷繁という捕手頭脳に操られて自分が持っている以上の、いや自分が持ってる全ての長所を活かされたリードで名投手の位置を築いて来た。
吉見にとっても岩瀬にとっても、谷繁に代わる捕手はいるわけがないのだが、この松井雅の根拠のないリードには如何ともし難いもどかしさを感じているのではないだろうか。谷繁の感性から一番遠くにある松井雅を何故吉見や岩瀬に対して使うのか僕には分からない。
ポスト谷繁の一番手として、谷繁自身が指名して一昨年育てようと試みて殆どのゲームを任せようとしたが叶わず見かけ倒れに終わった松井雅に捕手失格の烙印を押したのは谷繁だったし、森監督はそれを一番良く知っているはずだ。
百歩譲って、いくつかの課題を少しでも克服していればと思うが、全くといっていい程成長が感じられない。
少しだけ内を使うようになったことが変わった点ではあるが…。
この松井雅はこの日マルチ安打でタイムリーも打って打撃では貢献していた。しかし守りでは、盗塁も2つを許し、リードは言わずもがなである。森監督は8回の守備から何故か杉山に交替させていたが、この意図は全く分からない。翌日が又吉だから、杉山に今季初のマツダスタジアムを経験させるためだったのだろうか。

負け方が悪すぎる3連敗をしたドラゴンズ、いよいよ森監督の選手起用が問われる正念場が訪れた気がしてならない。
今のままでは応援するモチベーションを維持する自信がないのが本音である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

またあの男がマスクを…

◆ 5/ 2(火) ― マツダスタジアム
 広 島 5 - 2 中 日

発表されたスタメンを見て絶望的な気持ちになった。
またあの男が、まだあの男がマスクを被っていたから。

先発はドラゴンズ期待の鈴木翔太である。
荒削りだがこの翔太の球速以上にホームベース上で威力を増す球持ちの良いストレートが好調カープ打線をキリキリ舞いさせる絵を描いていた。
今季初先発のプレッシャーか、翔太のボールは暴れていた。左右高低に予測のつかないボールも多く、捕手のリードが困難を極めていたのは容易に想像できる。
だが、時折真ん中近くに投じられるストレートには予想を超えた威力が感じられた。145キロいかないストレートだがカープのバッターは皆んな押されていたし、タイミングが取りにくそうにしていた。見かけよりも威力がある証拠である。
解説の立浪氏も野村謙氏も繰り返し言っていた。
折角威力がありカープ打線が合っていないストレートがあるのだから、自信を持って投げ込むべきだ…と。
カープ打線を必要以上に怖れを感じているのか翔太自身も度々首を振って変化球を投げていたが、カープのバッターが翔太のストレートを打ちあぐねているのを察するのは投手よりも捕手の務めである。
なのに、なのにである。このマスクを被った男は、ストレートの割合よりも遥かに多い、スライダーやフォークのシグナルを送っていたのだ。
考えられないリードである。ベンチに戻って、翔太の所に寄って行ってこの日の状況を話し合う姿も皆無だったし、投手と捕手のコミュニケーションが取れているとは感じられなかった。杉山にしても木下にしても故障の桂にしても2軍の武山にしても、必ずベンチに戻ると投手の所に駆け寄ってコミュニケーションを取る姿が頻繁に見られたのに、この男は何故それをしようとしないのだろうか?理解不能である。ましてはドラゴンズ期待の若手鈴木翔太が今季初先発のマウンドでプレッシャーと戦いながら投げているのだから。
四球は毎回だしてはいたが、ストレートを打ちあぐねていたカープに打たれたヒットは4回まで1本だけだったし何より得点を与えていなかったのだ。だからこそストレートが打たれていない事実やその後の攻め方など相談しながら翔太に自信を持たせるのは捕手の大事な仕事であるのだ。
他のどんな投手の時と同じように、コントロールにアップアップしていた翔太にも無駄な変化球の要求をしてカウントを自ら悪くさせていたのだ。
このこと自体が信じられないが、カープ打線が翔太を攻略するのにはストレートを打たない限りあり得ないと考えてチーム全体で変化球を捨ててストレートに向かって来ていたのは明らかでストライクの取れない変化球が全く意味を持たないのは当然の理である。なのに、ストレートよりも多い割合で投げさせていた変化球がこの男には何の意図があったのだろう。
打ち込まれてしまうまで威力のあるストレートを中心に堂々と攻めて行くべきなのだ。
これが、新鋭で粋のいい鈴木翔太の真骨頂なのだ。

試合は、5回にビシエドに痛いファールフライ落球が出たり、レフトのゲレーロの目測を誤った拙守によって大量5点を奪われて2ー5で敗れたが、ストレート中心で無駄球を投げさせないリードでテンポの良い試合運びをしていればエラーなど出たりはしなかったと思う。
とにかく、無駄なボールが多く矢鱈に守っている時間が長すぎたのだ。これは正に捕手の責任である。

点差以上に完敗感が強いのは、このダラダラした締まらないゲームテンポが招いているに違いない。
安打数もチャンスもドラゴンズの方が多かったのに勝てなかったのは、選手の集中力の差もあるが攻守のテンポの差が大きかったからだ。
カープのベテラン捕手石原の作るテンポ感を学ぶべきなのだ。そのテンポが自軍の野手陣に守りのリズムを作り相手打者のリズムを壊しているのだ。

昨夜ほど捕手の力量の差が大きく感じられた試合はなかった。

期待の鈴木翔太には、もっともっと自分のストレートに自信を持って貰いたい。今度はテンポのいい杉山と組んだ投球を是非見てみたいと思う。

スタメンにあの男の名前を見つけた時の絶望感が当分避けられそうもないことにイライラしている自分がいる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 1日 (月)

もったいない一球を投げさせた無能捕手の責任

◆ 4/30(日) ― 甲子園球場
 阪 神 3 - 2 中 日

ひょっとしたら負けなくて済んだ試合だったかもしれないと一日明けても思うくらい悔いが残っている。
  8回二死満塁北条に投げた、祖父江の3球目のことだ。
  初球ど真ん中へのスライダーで見逃しストライク、2球目低めへボールのスライダーで空振りストライク、北条は一体何を狙っていたのだろうか?初球はど真ん中を簡単に見逃し、2球目はワンバウンドする完全なボールのスライダーを不細工な空振り、この2球目の空振りこそストレートを投げさせる為の餌まきの空振りに僕には見えた。ということから、北条は最初からストレート狙いであったと見るべきであった。
北条といえば、前日度重なる拙守で敗戦の戦犯No. 1だった。それ故にその汚名をはらすのに絶好のチャンスがこの打席であったのだ。狙いを定めたストレートがくれば何が何でも食らいついて行く覚悟を持ってこの打席に臨んだのだろう。そういう意味では、変化球で勝負に行った祖父江ー松井雅のバッテリーの方針は間違っていなかった。勿論最終的にはスライダーかフォークで勝負に行く積もりだったのかもしれない。満塁の3人のランナーは全て四球によるものだった。上本も原口も勝負に行っての四球だったし、高山に対しても最初は勝負に行って途中から勝負を避けた四球だった。
カウントを悪くする必要もないこの場面、バッターの北条も実はバッテリー以上に焦っていた筈だ。きっと来ると信じて、ストレートをただ賭けのように待っていたのだ。

  松井雅という捕手には2つの大きな欠点がある。
1つは無駄なボールを投げさせることが多すぎること、
もう1つはキャッチャーミットを構えるのが遅すぎることなのだ。(これは2年前のこのブログで指摘し続けて来たことである)
この日も、ジョーダンに対してお約束のようにツーストライクナッシングから必ず1球外す無駄球を度々要求していた。これは松井雅の悪癖そのものである。
完全にこのデータは各チームにインプットされているので各バッターは必ず見逃していた。

ということは、この北条の場面でもこの悪癖が出る筈である。必ず外す1球が来ると読んだ北条は完全なボールゾーンでなければストレートが来る筈だから多少のボールなら食らいつこうと決めていたに違いない。
案の定、外角に松井雅は構えた。しかしキャッチャーミットの位置が分からない。サインは外角高めに外すということだったのだろう。的のはっきりしない外角を目掛けて祖父江はストレートを投げ込んだ。完全なボールを投げてあんまり苦しくなりたくなかった気持ちが祖父江にはあったことからギリギリを敢えて狙って投げたのではないだろうか。残念ながらそのボールはシュート回転の軌道で真ん中近くに高い棒球のストレートとなって行った。
待ってました!と北条が反対方向へ弾き返すと無情にも一二塁間を抜けてライト前に飛んで行ってしまうのだ。

外す必要もなかったかもしれない場面で、はっきり外す位置にも構えなかった松井雅と、外すことを完全に受け入れられてない中途半端な気持ちのまま投げ込んだ祖父江の完全な意志の疎通を欠いたミスである。
単なるミスでは済まされないミスである。
余裕がなく一か八かの勝負を来るストレートに賭けた北条にはスライダーを投げていたら完全に打ち取っていたと僕は確信している。
外す無駄球を投げさせる悪癖を持っている松井雅の責任は重いし、厳罰ものである。

この一向に成長が見えない感性の鈍い松井雅を起用するベンチの考えを聞いてみたい。
ピンチの初球に必ずストレートのストライクを要求する癖は出さずに、この北条に初球スライダーを選択したまではよかったのだが…。
3球勝負で行くべきだったのだ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ