« こんな時だからこそ元気を出せ! | トップページ | ビシエド wake up‼︎ »

2017年5月 8日 (月)

連敗ストッパーはジョーダンだった!

◆ 5/ 7(日) ― ナゴヤドーム
 中 日 8 - 1 巨 人

きっとこの男が連敗ストッパーになるような気がしていた。背番号99番、ジョーダン・ノルベルトである。
来日2年目だが、1年限りでクビ寸前の身だったジョーダンは実は昨シーズンも3連敗を3度4連敗を1度、都合4度連敗を止めていた。チームが最もあてにしていなかった先発投手だったが、そのジョーダンが今年も大型連敗を救ってくれた。今季は最初は敗戦処理的な局面でのリリーフ登板が殆どだったが、安定したピッチングをしていたので4月の中旬以降先発に回り昨日が4度目の先発だった。先発に回ってからも全て5回以上を投げてクオリティスタートの責任を十分に果たしていた。
荒れ球だがハマるとなかなか打つのが厄介なサウスポーなので対戦が少ないジャイアンツ打線には打ちにくそうに感じていた。
気負いもなくいつも通りに淡々とバッターに向かって投げ込んで行く投法はバルデス同様知らぬ間に自分のペースに巻き込んで行く魔力を持っていそうな気がした。
コンビを組んだのも今年初めて先発して好投した4月19日の時と同じ木下だったのでリズムが合っていた。
右バッターには内角をえぐるストレートを使いながら的を絞らせずに凡打の嵐を築いていた。中井、マギー、長野には1本も打たせなかった。左の阿部、橋本も抑えて7回112球被安打3与四球4無失点でマウンドを降りた。
連敗ストッパーに相応しい見事なピッチングだった。
試合も2回にゲレーロが内海からスリーランホームランを打って先制、ビシエドも4安打1ホームラン1ツーベース4打点で2人で7点を稼いだ。
頼りにならないと評論家連中にこき落とされていた助っ人3人の活躍で連敗を6で止めた。
暗い暗いGWも最後の最後で8ー1の大差の勝利を見せてくれた。
大型連敗を大型連休の最後の最後でストップさせてくれたことはとにかくよかったと思う。ここからである。
やっぱり皆んなの嬉しそうな顔が見られるのはいいものである。
まだまだ借金返済の旅は続くが、元気だけは忘れず夏に向かって行って貰いたい。
小笠原も先発に上がるだろうし、ルーキーの柳も上がって来そうな感じである。
2000本まであと19本になった荒木も変わらず元気なプレーを見せてくれている。
悪いことばかりではない、前向きに頑張ってほしい。

皆んなの笑顔こそが明日への糧である。
外野の声は厳しいものばかりだが、ファンの我々も含めポジティブシンキングで行かなきゃと思う。
不調を極めているビシエドとゲレーロはお互いにネガティヴなことは一切言わない約束で来ているらしい。
山あれば谷あり、苦あれば楽あり、明けない夜はないから常に切り替えてポジティブな野球を見せて貰いたい。

昨日は助っ人様様な日になった。

|

« こんな時だからこそ元気を出せ! | トップページ | ビシエド wake up‼︎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/70504823

この記事へのトラックバック一覧です: 連敗ストッパーはジョーダンだった!:

« こんな時だからこそ元気を出せ! | トップページ | ビシエド wake up‼︎ »