« 右左仕様のスタメン作りはいつまで? | トップページ | ザ・スケットデー 5.13 »

2017年5月12日 (金)

どうした?岡田!

◆ 5/11(木) ― ナゴヤドーム
 中 日 3 - 4 DeNA

打たれながらもいつも通り粘り強いピッチングで逆転してくれた2点差を守ったまま、バルデスは名残惜しい顔でマウンドを降りた。
リリーフに出て来たのは岡田である。
これは僕の予想が的中した。
この7回は岡田が一番いいと思っていたから。
しかし、何だか岡田の様子がいつもと違う。
冴えない顔色をしているのだ。
リリーフに心の準備ができてなかったのだろうか?
投球練習に入る岡田、ボールに勢いが感じられない。
簡単に言うと気分が乗ってないように映ったのだ。
マスク越しに杉山の表情が見える。
不安げで心配そうな眼をしている杉山。
大丈夫だろうか?
代打エリアンへの初球、とんでもない高いボールに杉山が飛びついて取った。
本当に大丈夫か?
2球目がど真ん中に入って行く。苦もなく打ち返したエリアンの打球はセンター前にクリーンヒットが…。
マジに大丈夫だろうか?
バッター倉本、今季は2割そこそこの打率で苦しんでいるバッターである。
初球、杉山は外角に真っ直ぐを要求した。ボール気味の要求だったのかもしれないがほぼ真ん中に入って行く。
初球を狙っていたのだろう。
迷いのないスゥィングで思いっきり引っ張った倉本の打球がライトを目掛けて飛んで行く。
平田が見送った。
ライトスタンドギリギリに飛び込んでしまった。
たった3球で2失点、あっという間に同点にされた。
マウンドでガックリうつむく岡田。
ベンチ前方で見ていたバルデスが映った。
その瞬間、タオルを首に掛けてベンチ裏に消えたバルデス。今日も勝てなかった。
ショックの岡田は、放心したまま桑原と梶谷を抑えるがロペスに捕まった。右中間にツーベースを浴びてしまうのだ。そして筒香、ストレートとスライダーの2球でツーストライクと簡単に追い込んだ岡田、よしっ!何とか同点で切り抜けるかもと思った瞬間、サインミスが起きた。杉山は3球勝負で筒香が合ってないスライダーを低めにワンバウンド要求したに違いない。だが、放心したままの岡田は、外角低めにストレートを投げ込んでしまうのだ。杉山がボールを後逸する。ロペスが3塁へ。
いや、でももう1球低めにワンバウンドのスライダーを投げれば打ち取れる、そう思った。
杉山が外角に低く構えた。岡田が投げた。
スライダーが打ちごろの高さに入って行ってしまう。
筒香のタイミングが合わないまま打ち損ないの打球がライト前に飛んで行く。あらかじめ深めに守っていた平田の前に打球が落ちた。逆転されてしまった。
パスボールがなければ3塁で止まっただろうに残念だ。

時間にして約5分、冴えない顔色の岡田の顔は最後まで冴えないままだった。
逆転されても7回を投げ切ってマウンドを降りる岡田は放心したままだった。

真面目で心の優しい岡田はきっとボロボロになっているだろう。WBCから帰って来てしばらく自分を取り戻せなかった岡田にまた戻ってしまうのが心配だ。

この日の失敗を取り返すチャンスはきっとすぐに来る。
岡田よ!最初からいつもと違った昨夜のことは忘れろ。

ドラゴンズファンは君を決して責めてないから。

森監督がみんな俺が悪いと言ってくれただろう。

いつもの元気な岡田でまた厳しいマウンドに戻って来てほしい!

|

« 右左仕様のスタメン作りはいつまで? | トップページ | ザ・スケットデー 5.13 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/70543543

この記事へのトラックバック一覧です: どうした?岡田!:

« 右左仕様のスタメン作りはいつまで? | トップページ | ザ・スケットデー 5.13 »