« ザ・スケットデー 5.13 | トップページ | 前を向け!大島、平田! »

2017年5月15日 (月)

平田と大野

◆ 5/14(日) ― 松山坊っちゃんスタジアム
 ヤクルト 5χ - 1 中 日
 (9回サヨナラ)

9回あそこで平田がどんな当たりでもいいから打ってくれていたら…
9回あそこで大野がどんな形でもいいから抑えてくれていたら…

この2つこそが昨日の試合でドラゴンズファンの誰もが思ったことではないだろうか。
肝心な大事な所で打つのがスター、肝心な大事な所を抑えるのがスターなのである。
かつてのドラゴンズにも沢山のスターがいたが、スターと呼ばれた選手は皆んな必ずファンの期待に応えてくれたものである。
今のドラゴンズで、明らかにこの平田と大野がスター候補生でありスターになって行かなければならない選手である。
でもそこへの道のりの遠さをまじまじと実感させられた昨日であった。

この日の吉見には、鬼気迫る迫力があった。
絶対に勝ち越させない、絶対に負けないという悲壮な覚悟を胸の奥に秘め、闘志をたぎらせてヤクルト打線に向かっていた。8回114球被安打3、無四球、奪三振3失点1で投げ終えた吉見はベンチ最前列で9回味方の攻撃に声援を送り続けていた。ビシエドのボテボテのサードゴロに大島がセカンドで封殺されたギリギリのプレーにも大きな声で「セーフ!」と叫んでいた。そして、二死一三塁のラストチャンスにバッターボックスの平田を祈るように見つめていた。サードファールフライに平田が倒れたのを見届けて、今日の勝ちがないことを受け止めてベンチ奥に消えて行った。
おそらく、ベンチの誰もが、球場の全てのドラゴンズファンも、テレビ、ラジオで応援している全てのファンが今日こそは吉見に勝たせてやりたかったと思っていただろう。正に気合のこもった8イニング114球だったのだ。
  2回の失点も京田の併殺を焦ったファンブルによるものだった。
吉見には悔やんでも悔やみきれないプレーになってしまった。前回登板でもゲレーロの拙守がきっかけで崩れてしまった自分を人一倍責めた吉見だったからこそ、こんな若手の拙守も吉見にとっては大きな試練であったに違いない。
京田に対して敢えて厳しい苦言を言えばこの2回の先頭雄平の当たりも正面に入れば取れた当たりだった(記録は中前安打)。京田を襲う強い当たりがグラブに当たりセンターに抜けて行くシーンをよく見かけるが最初の一歩が遅いから正面に入れず半身になってしまいグラブの脇を抜かれてしまうのだ。とにかく練習あるのみである。
頑張って貰いたい。
打撃においては徐々にしぶとく粘り強い面が現れて来たので楽しみにはなって来たが…。

チームの不振を自分の不振のせいに結びつけてこの日最高の気迫を見せてくれた吉見に応えられなかった、平田と大野は何を思いながら四国を後にしただろうか。

力みすぎてパフォーマンス以前の部分で空回りして結果が出せない平田、自分のボールに自信が持てないのか投げるボールのひとつひとつが言うことを聞かず制御不能なコントロールの大野、この2人の若きリーダーが大事な局面に立ち、どちらもがいいパフォーマンスが出来ない現状では負けるべくして負けたと言えるのかもしれない。
明らかに格下のヤクルト荒木がツーボールナッシングから絶対にストライクのストレートが来ると信じて振り切った打球がレフトスタンドへ向かって行ったのは荒木の強いハートの勝利であった。

母の日に母の手ひとつで育てられた大野が母親に勝利を届けられなかった無念を一生忘れないで行って欲しい。

ドラゴンズの逆襲は、平田と大野にかかっている。

|

« ザ・スケットデー 5.13 | トップページ | 前を向け!大島、平田! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/70568860

この記事へのトラックバック一覧です: 平田と大野:

« ザ・スケットデー 5.13 | トップページ | 前を向け!大島、平田! »