« 鈴木よ!マウンドでうなだれるな! | トップページ | 拝啓 森繁和監督殿 »

2017年6月10日 (土)

初球の入り方、ファストストライクの取り方

◆ 6/ 9(金) ― 京セラドーム大阪
 オリックス 4χ - 2 中 日
 (延長10回サヨナラ)

再三再四…再五再六…指摘し続けてきたことだが、松井雅の初球の入り方やファストストライクの取り方には問題が大いにあり過ぎるのだ。
昨夜は、それが敗因としてハッキリ露呈した敗戦になってしまった。
小笠原をリリーフした伊藤が武田に対した初球はほぼ真ん中低めのストレートだったが、ものの見事に右中間に打ち返されて同点打を招いてしまった。小笠原から2度のチャンスを2度とも三振に打ち取られていた武田にとって投手が替わり名誉挽回のチャンスに気合が入る場面であった。だからこそ、この初球の入り方にはより一層の慎重さが求められていたのだ。簡単にストレートでストライクを取りに行くサインは松井雅の特徴であり欠点である。その癖を読まれたように狙われた初球で試合が振り出しに戻ってしまったのだ。
マレーロのホームランのホームベースを踏み忘れるという歴史的なチョンボを注意深く見破った松井雅の冷静沈着なファインプレーも、この1球の不用意な配球が一瞬でフイにしてしまったように思えてならない。
振り返れば、マレーロの一発もランナーを一塁に置いていてストレートのファストストライクを狙い打たれたものだった。
更に、9回にも再び武田の時、岩瀬に初球ストレートのストライクを要求して、またまた右中間にツーベースを狙い打たれた。これは後続を断ちサヨナラを許さなかったが、延長10回には遂に、先頭中島に田島の初球ストレートを狙われてレフト前に痛打され、次のロメロには初球こそボールで入るが2球目のストライクを取りに行ったスライダーが高めに行って万事休すのだった。
レフトスタンド2階席に飛び込む特大のサヨナラホームランだった。
コントロールミスの田島も悪いが、やはり松井雅のリードの不用意さが招いた責任は大きい。
バッティングを買われてのここの所の頻繁の起用だと思うが、配球の凡庸さにはいつも頭を痛めてしまう。

今日の柳には、杉山を使って貰いたいと願うが、昨夜は残念な敗戦だった。

|

« 鈴木よ!マウンドでうなだれるな! | トップページ | 拝啓 森繁和監督殿 »

コメント

外角ボール、外角に変化球ボール、(3球続けての外角要求対して3-0にする訳にはいかないと投手が力んでしまって)ボール!3-0、二進も三進も行かなくなり性懲りも無く外角ストレートを要求して痛打…ピンチの際によく見られる雅の配球です。

今日は。

実は今、中継を見ながら書いています。1点リードの7回裏から見ていますが、外ばかり要求する雅にイライラが募ってます…今、たった今1アウト2、3塁から2番手の伊藤準規が中島に外角のボールをライト線に持って行かれて逆転されました、3-4です…私が見始めてから内角に要求する事は殆どありません。凡打も右方向へのいい当たりばかり…今、小谷野にライトに犠牲フライを上げられて3-5、2点差がつきました。打たれれば当然投手が非難の的になる訳ですが、納得がいきませんねぇ(怒)。恐らくこのまま負けるのでしょうが、柳も伊藤準規もいい球投げてましたし、敗戦の責を彼らに求めるのは可哀想です。接戦になればなるほど雅の「粗雑で独りよがり」なリードが目に余ります。首脳陣に訊きたい…一体、誰を育てたいの?

これで3連敗ですが明日勝てば「交流戦5割」は維持できます。一提案として明日は杉山でどうですか?勝ち負けは別にして。「杉山育成」に本腰を入れましょうよ、一時はそういう流れだったんだから。あ、試合終了…。

投稿: 一家言おやじ | 2017年6月10日 (土) 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/70819868

この記事へのトラックバック一覧です: 初球の入り方、ファストストライクの取り方:

« 鈴木よ!マウンドでうなだれるな! | トップページ | 拝啓 森繁和監督殿 »