« ベテランからルーキーまでが一丸で! | トップページ | 広島で監督推薦を勝ち取ろう! »

2017年6月29日 (木)

田島が変わった!

◆ 6/28(水) ― ナゴヤドーム
  中 日 1 - 0  阪 神

3ー1、2ー0、これは昨夜のドラゴンズとタイガースのそれぞれの安打と得点の数である。
投手戦か貧打戦かは明確には言えないが、少ないチャンスを得点に結び付けて、強力なリリーバー達で逃げ切ったドラゴンズの昨夜の戦いぶりは強い頃のドラゴンズの姿であった。
昨日は、ジョーダンが序盤いつもと違ってイライラして興奮して見えた。白井主審とのリズムの合わなさにカリカリしてたように写ったが、苦しみながらもタイガースにホームを踏ませなかった。
7回のピンチには又吉が、8回は岩瀬が、9回は田島が完璧に抑えて完封勝ちを収めた。

こういう勝ち方の試合をかねてから望んでいた僕は、ゲームセットの瞬間は緊張感から解放された喜びで一杯になっていた。大島の技ありのタイムリーで取った価値ある1点を強力なリリーバー達で逃げ切る勝利こそがドラゴンズの真骨頂なのである。

森監督は試合後、こういう試合はあまり期待していないと述べていたが、実は心の奥ではニンマリしていたのではないだろうか。正にドラゴンズのお家芸ここにありと言いたい森監督の本心が見えてくるのだ。

ずっと抑え捕手の話を提言して来たが、やっと森監督や田村バッテリーコーチに通じたのか田島に武山を当てる采配が続いている。自信喪失気味だった田島が武山の強気のリードに呼応して思い切って腕を振り始めて、多少甘い所にボールが行ってもボールの勢いで打者を圧倒するようになっている。そうすると自然に田島が自信に溢れて見えてくるから不思議である。
このスタイルを確立させる事で、後半戦に向かい田島がイキイキとした思い切ったピッチングでチームを勝利に導く回数が増え、自ずと上昇気流に乗り優勝争いに参加できるようになる気がしてならない。

解説の牛島氏も武山とのコンビによって田島が自信を持つ事が出来て蘇った事を何度も繰り返し話していた。

それほど遅くない時期に首脳陣が気づいてくれた事がとにかく嬉しい。
実はこの事こそが一番ホットした事なのだ。

よかった!本当によかった‼︎

|

« ベテランからルーキーまでが一丸で! | トップページ | 広島で監督推薦を勝ち取ろう! »

コメント

あれ?また又吉?…うーん…勝ちゲームの必勝パターンだから仕方が無いのは解ってるけど、(小声で)投げさせ過ぎちゃいませんかねぇ。個人的には先発で結果も残していたし「勿体無いなぁ」「惜しいなぁ」が本音なんですけど…。今夜もナイスピッチング…。

近藤さん、今晩は。

元気の無い阪神相手に3タテ!相手の状態がどうであろうと3タテには違いないので気分はイイです(笑)。大野…変わってませんね。もう29歳…期待に反してこの位の投手で終わるかも知れませんね。近い将来「若手3本柱」が中心になって投手陣は構成されるでしょうから、まぁ5番手でイーブンの成績でってな感じでしょうか。大野自身が目指す様な投手になるには限られた時間の中で相当な覚悟の上での「技術変革」と「精神の鍛練」が必要になると思われますので…残念ですが。

さて、明日からはマツダに乗り込んでのカープ3連戦です。幸いな事に屋根の無い球場&天候が不安定…何だったら3つ流してもイイんですよ…なんて事言ってるとモチベーションも下がってしまうので「出来れば1つは勝って」下さい、頑張れバルおじ!

投稿: 一家言おやじ | 2017年6月29日 (木) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/71000508

この記事へのトラックバック一覧です: 田島が変わった!:

« ベテランからルーキーまでが一丸で! | トップページ | 広島で監督推薦を勝ち取ろう! »