« 広島で監督推薦を勝ち取ろう! | トップページ | 歴史的屈辱を招いた松井雅のリード »

2017年7月 1日 (土)

ルーキー笠原に大物の予感が…

◆ 6/30(金) ― マツダスタジアム
 広 島 8 - 3 中 日

やはり、中6日は空き過ぎていたのではないだろうか?
昨夜のバルデスを見ていてそんな気がしてならなかった。身体が軽すぎるのか逆に重いのか分からないが、いつものリズムを感じることが出来なかった。
若手ドラ1トリオが先発として安定して来て、先発に6人が揃ったので今後もこういうローテーションになって行くのだろうが、バルデスに関しては検討する必要がありそうだが…。

阪神との厳しい戦いを勝ち抜いて広島に乗り込んで来たが、やはり広島の完全アウェイの戦いはやりにくいものなのだろう。遠征から帰って来たカープナインを待ち構えていたファンで一杯のこの3連戦は厄介な戦いになりそうだ。予定されている、小笠原、柳の物怖じしない肝っ玉に期待したいが…。
昨夜は連投の勝ちパターンのリリーバー陣を休ませることが出来たのがせめてもの救いだった。

そして、3番手に登板したルーキーの笠原のダイナミックな投げっぷりには見張るものがあった。1イニングだげだったが、笠原にとってのプロ入り初登板は堂々として大器の片鱗を見せてくれたような気がした。
フレッシュオールスターにこの日、丸山と石垣、石岡と一緒に選ばれたことも、笠原にとってのプロへの確実な一歩を刻む忘れられない1日になったのではないだろうか。

連勝が途切れて敗れはしたが笠原の颯爽としたデビューには大きな意味があった。

|

« 広島で監督推薦を勝ち取ろう! | トップページ | 歴史的屈辱を招いた松井雅のリード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/71017819

この記事へのトラックバック一覧です: ルーキー笠原に大物の予感が…:

« 広島で監督推薦を勝ち取ろう! | トップページ | 歴史的屈辱を招いた松井雅のリード »