« 南米トリオが夏を席捲する! | トップページ | 投手を潰すのは捕手に他ならない »

2017年7月23日 (日)

省エネ投球を目指せ!

◆ 7/22(土) ― マツダスタジアム
 広 島 6 - 3 中 日

南の国の助っ人からまたホームランが飛び出したが…、
広島の集中打に敗れた。カープが四球や死球につけ込む巧さは言うまでもないが、そこで見せる集中力こそが最強軍団の源である。
この日は、両チームの先発、柳と薮田どちらも一歩も譲らないピッチングで緊張感溢れる序盤だった。
4回裏に柳が先につまずくのだが、この回は不運な内野安打が続いて1点を失い、次の5回は無死からの四球をきっかけに4点を失った。この4点は柳1人で失った訳ではないが、投手の薮田に四球を出した所で腕が攣るというアクシデントが柳を襲い途中降板を余儀なくされ、急遽登板の笠原が丸に上手く外角低めを左中間にすくわれて走者一掃のツーベースを浴びてしまうのだ。
高音多湿の広島の夏、身体の水分が消耗され筋肉が支障をきたして起こる「攣る(つる)」という症状らしいが残念なアクシデントだった。
この中盤の5失点が重くのしかかり、2人の外人のホームランによる3点を取るのが精一杯のドラゴンズであった。
しかし、この所のドラゴンズ投手陣の四球が気にかかって仕方がない。何でもない場面でのストライクが先行しての四球も多く、無駄なボールを途中で挟む悪い癖(これは捕手のリードにもよるのだが…)が顔を出し、結局最後は粘られ球数を使わされての四球となる場合が目立つ。
これではこの暑い夏はもたないのが当たり前である。
とにかく、省エネ投球をどのピッチャーもキャッチャーも目指してもらいたいと思っている。

1勝1敗、何とか今日、鈴木で勝てないものだろうか?

|

« 南米トリオが夏を席捲する! | トップページ | 投手を潰すのは捕手に他ならない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/71218452

この記事へのトラックバック一覧です: 省エネ投球を目指せ!:

« 南米トリオが夏を席捲する! | トップページ | 投手を潰すのは捕手に他ならない »