« 省エネ投球を目指せ! | トップページ | 押し出しサヨナラ四球の場面 »

2017年7月25日 (火)

投手を潰すのは捕手に他ならない

◆ 7/23(日) ― マツダスタジアム
 広 島 12 - 1 中 日

松井というキャッチャーは一体幾つボールを後ろに逸らせば気がすむんだろう。
練習してるのだろうか?全く足が出ない状態でボールを取りに行く横着さと言おうか運動神経のなさには閉口している。最早、この人が出てる場合は諦めるしかないのかもしれない。
僕が松井の捕手の適性の欠如を書くとキリもなく、また始まったかと思う人もいるかもしれないが、あの雑なキャッチングには腹が立って腹が立って仕方がないのである。今シーズン、彼が逸らしたボールは20を超えていることを田村コーチは認識しているだろうか?
谷繁監督ならとっくの昔に、二軍降格、シーズンオフには選手契約を解除しているに違いないと思うのだ。
12球団で一番多い、ボールの後逸及びファンブル数、与四球数、そして被本塁打数は自慢できる事だとでも思っているんだろうか?
若い投手が苦しいピッチングをしていても、マウンドに行って励まそうとする気配もなく、ただ打たれたままで漫然とサインを出しているだけのこの捕手はロボット以下だ。なぜ使うのか?何度でも尋ねよう、なぜ起用するんだ?森監督よ!
若い投手を打ちのめされマウンドに放置したまま、何の口惜しさも叱咤激励の仕草も見せずにただサインを出してボールを受けたり逸らしたりするだけの捕手は僕は要らない。ならば、まだ一軍経験の少ない捕手加藤や赤田を試す方がチームの将来の為になると思う。怪我からの復帰や復調を待ちたいが桂や杉山が早く上げて欲しい。
この日もボールを逸らした後は必ず失点をした。
悪びれたり謝ったりもせずに投手や野手とのコミュニケーションを遮断したままマスクを被る無神経さは説明ができないのだ。
そしてこの捕手の致命的な欠陥は、リズムが悪すぎるという事だ。
鈴木はまずまずだったが、小笠原に至っては間合いがやたら長すぎる。これでは野手もたまったものではない。攻撃にもリズムが出る訳もなく、この炎熱地獄のグラウンドに野手が立たされる時間だけがかさみ野手の消耗度は極地に達してしまうのだ。

と、ここまでは試合中そして敗戦後すぐに記したものだが、ここからは翌朝の新聞を読んでから書いたものになる。

新聞には、鈴木抹消、前の日の柳も抹消、小笠原についても今後は未定と、若手投手のダメさばかりの論調がならんでいた。一般的にはこの方がファンには分かりやすいが、何故その若手投手をダメにする原因を作った8年目捕手松井雅の欠陥を指摘しないのだろうか甚だ疑問である。これでは、素質はあるがもがいている若手投手を全て根こそぎスポイルしてしまうのではなかろうか。

改めて、松井雅がマスクを被ったゲームのデータをしっかり調べて、ここに明らかにしてみるつもりでいる。

哀しく情けない思いのまま今日はブログを閉じることにしよう。

|

« 省エネ投球を目指せ! | トップページ | 押し出しサヨナラ四球の場面 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/71235417

この記事へのトラックバック一覧です: 投手を潰すのは捕手に他ならない:

« 省エネ投球を目指せ! | トップページ | 押し出しサヨナラ四球の場面 »