« 鍛える夏にしろ!小笠原! | トップページ | ファンを離さない戦いが… »

2017年7月19日 (水)

ガラガラの内野スタンドが哀しい

◆ 7/18(火) ― ナゴヤドーム
 中 日 6 - 1 巨 人

これから夏真っ盛りというのに、しかもジャイアンツ戦なのに、スタンドの空席がやけに目立っていた。
ゲームよりも攻守交代の際に映るガラガラの内野スタンドが気になって仕方がなかった。
5連敗で、前日の不甲斐ない負け方もあり、当日券やシーズンシートの客が来ようとしないのだろうか?
案の定、発表は2万を切っていた。
これで、佳境の夏は大丈夫なのだろうか?
余計な心配だが、哀しい気持ちには間違いない。

試合は、吉見の踏ん張りと効果的な2本のホームランが飛び出して6-1で逃げ切った。
ジャイアンツにまたまた飛び出したスキャンダルに救われたような気もする。
予告先発予定の山口俊が酒に酔って暴力事件を起こしたらしい。FAでジャイアンツに入って来て、いきなり肩を痛めて3軍スタート、1勝はあげたものの、古巣の横浜DeNA戦ではドーム球場の屋根が飛んで行きそうな位のブーイングに大乱調でKOされて、それ以降パッとしない投球が続いて今度はジャイアンツファンに野次られる始末だった。そしてここに来て泥酔しての暴力事件は最早何の弁解も出来ない最低男の烙印は免れ得ないだろう。
どこかの首相ではないが、「そんなチーム」に負けるわけには行かないのがドラゴンズだったのだ。
福田の勝ち越しとゲレーロのリードを広げるツーランを背に、吉見、小川、岩瀬、又吉、田島のリレーでジャイアンツ打線を1点に押さえ連敗を5で止めた。

そうしたら次の試合が一番大事である。
果たして大野がやってくれるだろうか?
今季の信頼は今ひとつないが、大野の責任感がきっと夢を繋いでくれるだろうと信じている。

そろそろ試合開始の時間だ。
昨日は勝ったし、梅雨も明けたから、客足が伸びるのを期待しているが…。

|

« 鍛える夏にしろ!小笠原! | トップページ | ファンを離さない戦いが… »

コメント

録画を早送りで見ましたが、本当にガラガラでしたね。
ゲーム序盤は三連休明けの平日でもあるし、出足が悪いのだろう程度にしか感じませんでしたが、試合中盤となってもさほど増えず、久しぶりに活気ある攻めをみせたドラゴンズ打線とは裏腹に寂しいスタンドでした。

連敗を止めた翌日の19日のゲームも22,400人と大きな上積みはありませんでした。
19日の全5ゲームで最も観客数が少なかったのは北九州市民球場の西武×ソフトバンクの21,500でしたが、この球場の収容人数は20,000というのが公表されているスペックですので、むしろ超満員と言うべき。
つまり、19日最もガラガラだったのはナゴヤドーム。
かつての輝きはないとは言え、相手はジャイアンツ。昭和の頃のプラチナチケットも今や当日でも楽勝で入場できてしまう。

ナゴヤのオールスターゲームで星野仙一さんが「もっとドームに足を運んで」と訴え、メディアでも取り上げられていましたが、現実は厳しいですね。

投稿: KONA | 2017年7月20日 (木) 14時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/71184180

この記事へのトラックバック一覧です: ガラガラの内野スタンドが哀しい:

« 鍛える夏にしろ!小笠原! | トップページ | ファンを離さない戦いが… »