« 武山が演出した大野の変化 | トップページ | 相変わらず工夫のないバッテリー »

2017年8月26日 (土)

カープの憂さ晴らしにされた竜

◆ 8/25(金) ― マツダスタジアム
 広 島 9 - 1 中 日

ベイスターズにまさかの3試合連続逆転サヨナラ負けを喫してマジックが消えた広島カープも暑いファンの待つホームでは無類の強さを発揮するものだと改めて思い知らされた夜になった。
相手チームの強さに感心している場合ではないが、蛇に睨まれた蛙の如く、何の抵抗も出来ぬまま大敗をしたドラゴンズだった。
バルデスの神通力も通じなくなってしまった現状に今一度バルデスの先発起用には一考が必要だと思えた試合になった。微妙なコントロールやボールの緩急や出し入れが持ち味のバルデスが本領を発揮できないまま点を取られてしまう試合が続いている。
甘い球を容赦なく打ち返すカープ打線にベイスターズ戦の屈辱を晴らす生贄にされてしまった感じだった。

また今日から出直しである。
小熊のノラリクラリ投法でカープ打線を煙に巻いて貰いたいと願っているのだが…。

|

« 武山が演出した大野の変化 | トップページ | 相変わらず工夫のないバッテリー »

コメント

バルデス本人は「中4日」、でも年齢を考えたら登板時のイニング数等、首脳陣(投手コーチ&監督)が配慮してやらないといけませんね。バルデスの成績は毎年「ジリ貧気味」。5回から長くて6回と決めて投げさせた方がバルデスの力を最大限引き出せると思うのですが。

今日は。

見事に憂さを晴らされました(泣)。武山のテンポのいいリードにバルデスの小気味いい投球が相乗効果を生んで…なんて期待していたんですが、反って単調になってしまったんでしょうか…その後の丸山と福は仕方無いですかね(仕方無いと言わねばならぬ情けなさ)。9回の1点は広島の「お情け」か…。打線も元気が有りませんね。心配なのは京田。此れまでルーキーながら本当に頑張ってくれましたが、疲れなんでしょうね。でもこの1年の経験が来年以降必ず身になり力となり経験となる筈ですから乗り越えて欲しいですね。

さて、マツダスタジアムのゲームは余程の事情が無い限りTV中継など無くラジオも地元広島の実況アナウンサーとカープOBのコンビで中継ですのでスマホで速報を追う事になりそうですが、何回まで興味を持って追えるのか。出来れば一矢報いて欲しいのですが…。

投稿: 一家言おやじ | 2017年8月26日 (土) 12時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/71528063

この記事へのトラックバック一覧です: カープの憂さ晴らしにされた竜:

« 武山が演出した大野の変化 | トップページ | 相変わらず工夫のないバッテリー »