« 若手野手の底上げはバットスイングにあり! | トップページ | 勿体なかった」開幕投手、慎之介! »

2017年10月13日 (金)

課題山積のオフが待っている!2017完!

◆10/10(火) ― 阪神甲子園球場
 阪 神 6 - 1 中 日

10日の阪神戦は消化試合とはいえ余りにも無残な最終試合の敗戦になってしまった。お互いのチームの若手同士が相まみえる様相もあったが、一軍の試合慣れにおいてタイガースの若手の方に1日の長があったように思えた。振り返ってみると今季のドラゴンズは上と下の選手の往き来がとにかく少なかったように思う。現状においては確かに力の違いもあり、一軍でプレーするレベルに達していないのかもしれないが、今季のようにレギュラー陣の故障や不調が目立った年こそフレッシュな若手を上で試したり経験させたりすることがしやすい年であったのではなかったか。選手を育成する面においてはチームの方針が見えにくいシーズンでもあった。
結局、せめてもの60勝というキリのいいラインにも到達できず、59勝79敗5分け、借金20の5位で終了した。
野手部門では、ゲレーロがホームラン王、大島は3割をキープして第3位、京田は新人安打記録149本でチーム記録を超えた。盗塁も大島と京田が共に23個でリーグ第2位、チームの盗塁数も77で広島の112には遠く及ばないが第2位につけて、「走る」というチームのスローガンは少なからず果たすことはできた。ディフェンス面では失策数はリーグ最少で57だったが、相手に与えた四球は495、死球は65でいずれも12球団第1位であった。被本塁打数もヤクルト、DeNAについで多く127本も献上している。今年も二桁勝利の投手はなく又吉の8勝が最高で、規定投球回数をかろうじてクリアしたのがバルデスと大野の2人だった。

試合後、森監督はシーズンを振り返り、今のドラゴンズが優勝した広島カープに比べて足らないものは全てにおいてと語った。
ならば、分かっているならば、この秋季練習で、来春のキャンプで何をどのように取り組んで行くべきか自ずと見えてくるのではないだろうか。
一軍のコーチングスタッフは全員留任という発表があった。ゲレーロの去就も気になるし、ドラフトでは誰に行くのかも注目である。FA補強やトレードなど、どのように足らない部分を補って行くのかも目が離せない。
クライマックスシリーズに出るチームとは違って、早い時期から新しいチーム作りに着手できるメリットはあるのだから、一歩でも二歩でも早く踏み出して貰いたい。
143試合、今年も全てのゲームを凝視して問題点を常に指摘して来た積もりだったが、虚しい気持ちを残したままシーズンが終わってしまった。
細かいことは色々ありすぎるが、1年間語り過ぎてきたので今は頭の中が真っ白になってしまったようだ。

今年のクライマックスも日本シリーズも興味が湧いてこない。やはり勝たなきゃダメなのだ。応援しているチームが勝ってこそ野球の楽しみが分かるのである。
多くのドラゴンズファンから沢山のコメントも頂き本当に感謝の気持ちで一杯である。
恐らく誰もが同じような虚しさの中で今というポストシーズンを感じているのではないだろうか。

来年は、いや来年は必ず、美酒が飲めるオフを迎えたいと懇願している。

京田の新人王、ゲレーロのドラゴンズ残留、ドラフトの成果、効果的な戦力補強と、様々な夢を抱きながら2017年のドラブロの幕を閉じたいと思う。

読んで下さった全ての皆さん、コメントを下さった全ての皆さん、本当にありがとうございました。

また、来年春3月にお目にかかれますように! 拝

|

« 若手野手の底上げはバットスイングにあり! | トップページ | 勿体なかった」開幕投手、慎之介! »

コメント

毎試合毎の更新を楽しみにしていました。どんな新聞やコラムより私にとっては納得のいく、勉強になる、より野球が面白くなる、そんなブログでした。今シーズンも寂しい結果に終わり、不完全燃焼もいいとこで、全然終わった実感がありません。ドラブロも来年の3月まで止まると思うと寂しさもひとしおです。あとは京田の新人王だけが楽しみです。来シーズンに向けても、一軍スタッフが同じでは気持ちがリフレッシュできなくて、なんだかなぁって感じです。
若手が育って、今のカープみたいにいつかなる!と信じて応援したいとは思っていますが。
勝つことは最大のファンサービスという言葉が頭の中をグルグルするシーズンでした。
また来シーズン、ドラブロを読めるのを楽しみにしています。ありがとうございました(^ ^)

投稿: ゆうなおママ | 2017年10月14日 (土) 20時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/71959003

この記事へのトラックバック一覧です: 課題山積のオフが待っている!2017完!:

« 若手野手の底上げはバットスイングにあり! | トップページ | 勿体なかった」開幕投手、慎之介! »