« 無常の季節、十月秋 | トップページ | 若手野手の底上げはバットスイングにあり! »

2017年10月 5日 (木)

京田よ!石垣よ!やっぱりこのオフが勝負だ。

◆10/ 4(水) ― 横浜スタジアム
 DeNA 2 - 1  中 日

京田と濱口の新人王争いの直接対決の様相を呈したゲームになった。京田は濱口に3打席完璧に抑えられてしまった。投手が代わってやっと4打席目にしぶとくセンター前に149本目の安打を放ったが、できれば濱口から打って貰いたかっただけに残念である。
こうなったら京田には、あと2試合で何とか5本の安打を打ってミスターの記録を超えて堂々と新人王に輝いて貰いたいものだ。
昨日のブログで希望した石垣起用は実現した。
相手が左投手だからという理由かもしれないが、こういう期待の若者には右左関係なく起用して貰いたいとつくづく思う訳である。
速球、変化球ともキレキレだった濱口には手も足も出なかった。見事に3打席3三振でバットにはかすりもしなかった。石垣は試合後、一軍の壁、プロの厳しさをしみじみと感じたようなコメントをしていたらしい。
相手チームの高卒ルーキー細川はこの日も阿知羅からライトにホームランを放った。高卒ルーキーの2試合連続ホームランであるから凄い。
石垣には、学ぶ所は学び、このオフには死に物狂いでバットを振りまくってくれることを願うばかりだ。
  ファームで勝利と防御率の2冠に輝いた阿知羅のプロ入り初先発だったが無難に7回2失点無四球で投げ終えた。
阿知羅に関しても来季が楽しみになった。

このゲームを見て感じたこと、それはベイスターズは来年も恐るべきチームになるに違いないということだ。

|

« 無常の季節、十月秋 | トップページ | 若手野手の底上げはバットスイングにあり! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/261481/71891947

この記事へのトラックバック一覧です: 京田よ!石垣よ!やっぱりこのオフが勝負だ。:

« 無常の季節、十月秋 | トップページ | 若手野手の底上げはバットスイングにあり! »