« 放送席から声が聞こえて… | トップページ | 与田さん!それはないんじゃない? »

2020年6月24日 (水)

荒木三塁コーチに聞いてみたいことが…

#004◆ 6/23(火) - 横浜スタジアム
DeNA 3 - 0 中 日

 

横浜の先発投手は「くせ球」の持ち主濱口だ。この投手の「くせ球」ならぬイヤーなチェンジアップをドラゴンズは大の苦手としている。

同級生の柳とはプロ入り初の対戦らしいがこのゲームは二人の投手の「我慢比べ」になるだろうと見ていた。

 

最初の見せ場は3回裏と4回表にあった。3回ベイスターズはツーアウトから新外国人オースチンがヒットで出塁、続く新4番打者佐野が左中間を抜いた。一塁からオースチンは長駆ホームベースを目指して突入したが、大島から京田に中継、京田から木下へのストライク好返球でホームベース手前でタッチアウト。ラミレス監督のリクエストはあったが判定通りに終わり先取点を防いだ。そしてその後4回、ドラゴンズもツーアウトから阿部がフォワボールを選び出塁、続く京田の当たりがライト線を強烈に襲いライトフェンスまで到達した。一塁から阿部が長駆ホームベースに突入を試みた。

ライトオースチンからソトへ中継、ソトから高城へ好返球が返ってきた。

タイミングはアウトだが、阿部が忍者の如く高城のタッチを絶妙な動きでかい潜り、アンパイアの判定はセーフだった。高城のミットの何処かが阿部の身体の何処かに触れているか微妙な映像が流れていた。当然の如くラミレス監督は再びリクエストを要求。しばらくして責任審判の西本がアウトのジェスチャーをして、判定が覆り無得点に終わった。「おあいこ」となって正に「我慢比べ」の様相を呈していた。

 

その後5回裏に柳がオースチンとロペスにそれぞれタイムリーを浴びて2点を献上して均衡は崩れた。この時は三塁を欲張ったオースチンが平田の好返球で三塁で憤死するが、とにかくよく走る新外国人である。

「我慢比べ」に負けた柳は6回先頭の宮崎に甘いカーブを狙われたかのようにレフトスタンドに持っていかれた。この3点目が結局はダメ押しになるかのようだった。

しかし、ドラゴンズも諦めず9回に阿部のヒット、代打郡司のプロ入り初打席初ヒットで、濱口をマウンドから引き摺り下ろし敵の守護神山崎を引っ張り出した。

代打遠藤の打球がライトオースチンの右横をライナーで襲うのだ。オースチンが横に必死のダイブをするが抜けて行った。「よし!2点か!」と思ったら二塁ランナーの阿部がまだホームには到達できず、後の郡司がすぐそばまで来ていた。結果、オースチンから柴田、柴田から嶺井の中継プレーに阿部は本塁憤死となるのだった。

どうやら、オースチンのダイビングプレーに惑わされ「捕られた?」と一瞬迷いスタートを躊躇したようだ。

結果は阿部のボーンヘッドであると思うが、三塁ベースコーチの荒木のジャッジと指示は果たしてどうだったのだろうか?郡司がすぐそばまできていたから難しい判断だったと思うが、アウトカウントは一つだったし、当たっている大島に繋がる場面だったので自重させる手もあったのではなかったか、荒木コーチに尋ねてみたい気持ちである。最初の場面の阿部本塁突入に関しても併せて聞いてみたい所だ。

試合後も今朝の新聞にも、荒木コーチのコメントはどこにもなかったのが残念である。

本塁で二度オースチンがらみで殺された阿部にとっては寝苦しい横浜の夜になっただろう。

 

この日は何だか新外国人オースチンひとりに力を吸われてしまったようだ。

 

| |

« 放送席から声が聞こえて… | トップページ | 与田さん!それはないんじゃない? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 放送席から声が聞こえて… | トップページ | 与田さん!それはないんじゃない? »