« たかがエラーされどエラー | トップページ | めぐり合わせの不運が… »

2021年4月 3日 (土)

今日も、失策について語ろう!

#007◆ 4/ 2(金) ― 京セラドーム大阪

 阪 神   3  -  6   中 日

 

藤浪を攻めあぐね、2番手岩貞にも抑えられて2点ビハインドのまま終盤8回になだれ込んだ。ここからはリリーフ陣の勝負になる。

我がドラゴンズ強力リリーフ軍団のお出ましだ。この日は、福谷の5回を、鈴木博2回、又吉1回、祖父江1回とリリーフして被安打1、無四球、3奪三振、無失点とタイガースの重量打線を完封した。
一方阪神は勝ちパターン岩崎が前日の投球数が多かったらしく使えず、岩貞の後が続かなかった。
矢野監督が繰り出す3投手に襲いかかり2イニングで5安打(内ツーベース3本)、1死球、2四球、5得点で大逆転を果たした。
木下拓の2本のタイムリーツーベース4打点も光ったが、何と言っても技ありの測ったようなショートオーバーのヒットで鈍足の二塁ランナー木下拓を迎え入れ勝ち越しを果たしたのは流石だった。
好調阪神相手に初戦を逆転勝ちして2戦3戦の柳、小笠原に期待感を繋いでくれた。

さてタイトルにある「失策」の話だ。

この日ドラゴンズは実に珍しく4つの失策を記録した。そのうち2つが3失点を許した2回に記録して正に失点に繋がった。実に、と書いたのは昨シーズンドラゴンズはダントツで12球団最少失策数を記録していた。
ゴールデングラブも高橋周平、ビシエド、大島の3人が受賞して、京田も坂本と僅差で争ったのだった。ダントツの救援陣(最優秀中継を祖父江、福が同時受賞)と併せて、お家芸の守り勝つ野球を今年もやってくれて、遂には優勝の2文字を獲得するのでは…と期待している所である。
しかし、今年はそれが現在始まったばかりではあるが何と12球団最多の9失策を記録していて驚いている。
昨夜は、名手周平が2個、初守備の高松が1個
、福谷が1個と計4失策を記録、しかも全てが悪送球である。
前日の京田の場合はトンネルだからどうしようもないが、悪送球は何としても避けたいエラーである。何故なら一度悪送球をすると瞬間イップスのような心理状態が起こりやすいからだ。打球を捕球する、そして普通にリズムの中で送球する。これには何の理屈も挟まずリズムの流れの中でいつも練習している通りに問題なくなされるものだ。しかし、一度悪送球をするとそのことが送球寸前にフラッシュバックを起こし瞬間的に心理的なプレッシャーとなって現れやすいのだ。

昨夜の周平の場合は考えられない2度続けての悪送球だった。これは間違いなく瞬間イップスを起こしたのだろうと思う。実は昨日周平の2度目の悪送球を見た時本当に心配したのだったが、そのすぐ後にサンズがサードゴロを打ってくれた。これが功を奏して、何も考える間もなくすぐにいつもの送球状態に入ることが本能的にできたのだと思うのだ。
このすぐ後のサードゴロを普通に捌けたことで、高橋周平にはもう2度と悪送球のエラーは起きないと確信できたのだ。

「失策」しかも悪送球はそのくらいデリケートなものだと僕は思っている。

この日、昨年二塁手初のシーズン無失策記録を作った広島の菊地がエラーを記録した。
映像を見たが例え取って投げていてもセーフだったような打球だった。それを果敢に取りに行っての結果のプレーだったが、記録はエラーとなった。

「失策」も実はとても奥の深いプレーのひとつであるといえるのだ。

ドラゴンズには今日、失策の連鎖を断ち切り無失策試合にして貰いたいと願っている。

Db2021twvv_20210328124101

    

 

| |

« たかがエラーされどエラー | トップページ | めぐり合わせの不運が… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« たかがエラーされどエラー | トップページ | めぐり合わせの不運が… »