« 与田采配に2つの?が… | トップページ | 初回のピンチを退けたのが全て! »

2021年4月17日 (土)

2日続けて先頭打者弾を浴びるドラゴンズバッテリー

#018◆ 4/16(金) ― バンテリンドームナゴヤ
 中 日   3  -  7  広 島

 

あまり聞いたり見たことがない出来事のようなことが起きた。

対戦相手こそ違えど、2日連続先頭打者にホームランを浴びるバッテリー(厳密に言えば捕手だけだが…)をかつてこの目で見たことがあっただろうか?
一昨日が巨人松原、昨日が広島菊池と、決してホームランバッターではない2人にものの見事に「ヨーイドン!」で1点のビハインドとなってしまうのだが、これでは他のナインもベンチもたまったもんじゃないのが現実なのではないだろうか?
ゲームが始まる前から相手に与えられたハンデのようなものなのだ。
無論、マスクを被る木下拓哉の頭の中はこの時点でかなりのパニックを起こしているに違いないが、それにしてもである。

チームが連敗中だけに皆んなの戦意喪失を催しかねない大きな事故となるのである。

カープは全て完封されての3連敗を喰らい、一体いつ点が入るのだろうと誰もが思って名古屋入りしてきた筈である。そのチームをプレーボール直後に元気付けしてしまったバッテリーの罪は重い。

菊池の先頭弾と3回の鈴木誠のスリーランでゲームは決まってしまったと言っても過言ではない負けゲームとなった。

ライト根尾のスーパープレーや不振を極めていた京田の猛打賞(今季チーム初)2点タイムリー、藤嶋、橋本の防御率0を保つ連投での好投など、それなりに見るべき点もあったが、4連敗となった負けっぷりがやはり悪すぎるのだ。
それにしても、3番福田の元気のなさと体たらくさは目に余った。
その打てそうな雰囲気のなかった福田に5打席を与えたベンチの考えを聞いてみたい。
その内3度のチャンスがあったが力ない凡打か三振でチャンスを潰していた福田を一体いつまでクリーンアップで使うつもりだろうか?
いい当たりがピッチャーの正面に行き惜しくもチャンスを潰したのを、ベンチでいつまでも悔しそうにしていた代打福留の表情を見ていたら、福田にもこのような悔しさを見せて欲しいと思ったのは僕一人ではないだろう。

その福留をレフトに起用して福田と替える手もあった筈だが…

昨日も書いたが、今こそベンチや監督は選手個々の現在地をしっかり把握して起用することしかこの窮地を抜ける手立てはないと思うのだ。

不調阿部を下げたのはよかったが…。

与田監督には鬼になって貰いたい。

 

Db2021twvv_20210328124101

    

 

| |

« 与田采配に2つの?が… | トップページ | 初回のピンチを退けたのが全て! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 与田采配に2つの?が… | トップページ | 初回のピンチを退けたのが全て! »