« やっぱ華があるなあ! | トップページ | バントは上手い選手に替えるべきだ! »

2021年5月 7日 (金)

急に壊れた扇風機と化してしまったガーバー

#034◆ 5/ 5(水) ― バンテリンドームナゴヤ
 中 日  0  -  4  DeNA

 

 

GW中のゲームも消化しながら明日明後日の二日間がお休みとなるドラゴンズである。

コロナ禍で緊急事態宣言下だったり、まん延防止等重点措置下でなかなか身動きが取りにくい時期だが、パウエルコーチ同伴で新外国人ガーバーは是非秋葉原に行って貰いたい。
季節の変わり目の不順な気候からか、自身の扇風機の具合がかなり悪くなってしまっているので、修理を施す必要がありそうだ。笑

勝野、濱口の緊迫した投手戦が繰り広げられて迎えた7回に、アンラッキーのような落とし穴が勝野を待ち構えていた。

初球のストレートを佐野に狙われてレフト根尾をライナーが襲った。根尾が背走しながら思いっきりジャンプして差し出したグラブの先をかすって、ツーベースとなり先頭バッターが出塁。続く牧の当たり損ないのゴロが周平と勝野の間に飛んだ。周平は確実に一塁でひとつアウトを狙うべきだったが、点をやりたくない気持ちが勝ったのか二塁から三塁を陥れようとするランナー佐野へのタッチを試みて内野安打にしてしまうのだ。
不運なプレーが2つ続いてしまう勝野だったが、今季の勝野には期待した。今までこういうピンチをことごとくくぐり抜けて来ていたのを見ていたからだ。
そして強打者ソトを外への速球でライトへの浅いフライに打ち取り、好打者宮崎は敢えて申告敬遠で勝負を避け嶺井を速い球で押して空振り三振とアウトカウントを2つとした。
あと1人だ!ここで代打桑原が出てきた。
今季勝野とは相性が悪くスタメンを外されていた桑原は内を完全に捨てて外の球だけを待っているのが明らかだった。
勝野-木下拓のバッテリーも内を中心にした攻めを見せていたが、見向きもしない桑原が不気味だった。2-2からの5球目、そこまで一度もバットを振らなかった桑原は、バッテリーが低めを狙いゴロを打たせようとした外の速球がやや高めに入ってきた所を計算通り右に素直に打ち返した。勝野にとっては痛いコントロールミスとなった。
やや前を守っていたガーバーのグラブが際どく届かずここでも不運な2点タイムリーとなって0-0の均衡を破られたのだ。
桑原の徹底した右打ちと勝野の微妙なコントロールミスが生んだ失点だった。

この時点で勝野の球数はまだ93で余力はあったが、阿波野コーチと与田監督が出てきて交代が告げられた。
しかし、この交代は残念だった。

勝野の気迫はまだ感じられたし、次の神里もこの日タイミングがあってなかったし、結果神里より格下の山下が代打に出てきたから余計にそれを強く感じた。
リリーフは、与田監督お得意の「困った時の谷元頼み」だった。
流石の谷元も登板過多の疲れは免れずいつものコントロールやキレが感じられなかった。
山下の当たり損ないの飛球がふらふらと周平の左後ろ、京田の右後ろという、ここにしか落ちないという極め付けの不運な当たりとなり致命的な2点がベイスターズに入って万事休すとなった。

勝野が完全な独り立ちをする為にもこの場面は是非続投させて欲しかったのは決して結果論で述べている訳ではない。
不運な2点で心が折れるようなヘボな投手ではないということを付け加えておきたい。

色んな意味で課題も残り、残念でならない1敗となった。

バットにかすりもしない空振りを繰り返していた3番ライトガーバーは、冒頭述べたように扇風機の修理と球際に強くなる守備練習を是非やって貰いたい。

Db2021twvv_20210328124101

 

| |

« やっぱ華があるなあ! | トップページ | バントは上手い選手に替えるべきだ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やっぱ華があるなあ! | トップページ | バントは上手い選手に替えるべきだ! »