2017年9月24日 (日)

大敗のドームに響いた「ピッチャー浅尾」のコール

◆ 9/23(土) ― ナゴヤドーム
 中 日 5 - 13 DeNA

今季最後のナゴヤドーム2連戦ということと、ここに来てチーム状況も4連勝と来季に希望が持てるゲームを観せてくれているので、秋分の日土曜のドームにはほぼ満員の34436人が集まった。
その熱気と圧にやられた訳でもないだろうに、先発の伊藤は茫然自失の大乱調を修正できないまま、試合開始25分でこの日のゲームの敗戦を決めてしまった。
打者11人、39球被安打7与四死球2で8点を失い1つのアウトを残したままKOされマウンドを降りた。
ボールは完全なボール、ストライクは全てど真ん中にしか投げられないようでは、休み明けのベイスターズ打線にも簡単に捕まってしまうのだった。
この日の伊藤はまるでただ投げているだけの高校生のように見えた。
攻撃前に大量点差を付けられて目標を失ってしまった打線は、ベイスターズの石田に面白いように操られ6回まで無安打無得点に牛耳られた。
ドーム中にはドラゴンズファンのどデカい溜息が響いているようにさえ思えた。
石田がマウンドを降りた7回からやっと眼を覚ました打線が5点を取ったのがせめてもの慰めだったが、時既に遅くこの敗戦で5位が決定してしまった。
この日1番ドームが沸いた瞬間は、ピッチャー浅尾のコールが響いた6回の表だった。
4月4日以来、約5ヶ月半ぶりに人気者浅尾が一軍に戻って来た。ファームでは今季最多登板の抑えとして活躍してまだまだ十分通用するのだが、果たして一軍ではどうだろうかと本人もベンチもファンも注目していた。
往年の速球の威力はないが、落ちる変化球を軸にコンビネーションで魅せる投球術には一日の長があり、ランナーは出したが1イニングを無失点で投げ終えた。
試合後の自己評価は厳しいもののようだが、まずは投げられたこと、抑えられたことで再出発は良しとしよう。
残り8試合での登板を注目したいと思っている。

「負けちゃったし、京田もヒットを打てなかったし、ゲレーロもホームランを打たなかったけど、浅尾が見られてよかったね!」と子供が親に喋りながら帰路に着いたのが想像できる。
大敗の中にもこういうささやかなファンサービスになることが大事なのである。

今日は、いよいよ森野のラストゲームだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月22日 (金)

来年、森野の姿はもう見られない!

◆ 9/20(水) ― 明治神宮野球場
 ヤクルト 1 - 6 中 日

安定した大野がここにもあった。
前回の神宮登板時と同じ、原樹理との戦いになった。
惜しくも1点差1ー2で敗れた前回の雪辱をはらす機会が大野に訪れたのだ。序盤から気合に満ちた投球が相手打線を圧倒した。3回までは完璧でパーフェクト、7回ツーアウトまで山崎に4回に打たれたツーベース1本だけに抑えて無四球で来ていた。2回の周平のタイムリーで先取点、7回には福田の16号ソロが飛び出して2ー0とリードした。
その裏にツーアウトスリーツーから選択したツーシームを山田に一発食らったのが勿体無かったが、7回108球被安打2、6奪三振1失点でマウンドを降りた大野は安定感抜群で、エースの面影を取り戻した感じだった。
出遅れた今季だったが、漸く終盤になって大野本来の投球が戻って来て、来季へと繋がって行きそうで安心している。

と、ここまで記して翌日になってしまった。
木金と試合はないが、木曜夜になり森野の引退が報じられた。今年こそと始まった森野のシーズンは怪我との戦いになっていた。積年の身体の負担が悲鳴を上げていたのだろう。癒えては怪我、癒えては怪我の繰り返しだったという。若手の成長に焦る自分がいて、段々と気迫が薄れて行く自分がいたと述懐している。
21年目の森野にとっては一年一年が勝負の年になっていたに違いない。そして昨日、ファームの名古屋球場最終戦の最終打席に臨み、引退を発表した。
24日のナゴヤドーム最終戦が彼にとっての引退試合となり本当の最終打席となる。
チャンスにもう、森野のスリーランホームランを見ることはできない。
21年間、ありがとう!お疲れさまミスタースリーラン森野将彦!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

お見事!小笠原慎之介&松井祐介!

◆ 9/19(火) ― ナゴヤドーム
 中 日 10 - 2 巨 人

遂にこの日がやって来た!
小笠原慎之介の完投勝利である。
巨人相手に9回7安打4四球6三振2失点151球の見事な力投だった。早い回に打線が奮起して4回までに10得点を小笠原にプレゼントしてくれたこともあり、武山のミット目がけて堂々としたピッチングを見せてくれた。
大概にして点差が開けば開く程案外集中力がなくなり、無駄な点を取られがちになることも多いが、この日は最後まで集中力を切らすことなく失投のストレートを村田にレフトスタンドに運ばれた以外は巨人打線を寄せ付けなかった。
試合の興味は、プロ入り初完投を成し遂げるかどうか、森監督が最後まで投げさせるかどうかになっていたが、
本人の強い意志で最後まで投げ切ることができたと試合後の本人談話で実現したことが分かって、余計に嬉しかった。
投手の球数を心配する解説の権藤博氏は、151球の完投を批判していたようだが、この日の小笠原には完投することに大きな意味があったと僕は思う。
大器のエース候補と期待されている小笠原に完投能力があるかどうかを試すのに最適な試合展開だったから尚更完投する意義は大いにあったのである。
お見事、天晴れ、と大きな声で言ってやりたい。

怪我人だらけのドラゴンズだが、このシーズン終盤になってやっと主力の欠場によって巡ってきたチャンスを活かし始めた選手が目立つようになってきた。しかも各選手がそのチャンスをお互いに競争し始めている姿が見えてきて、調子がよければ使い続けて貰えるし、ちょっと調子が落ちたと思われれば別の選手に交代させられる、この厳しい現実と殆どの選手が戦っているのが嬉しい所である。怪我で療養している、大島や平田、堂上もウカウカしていられない筈である。この若手同士の競争こそが強いチームへの第一歩なのである。
色んな意味で来季が楽しみになってきた。
これぞ正しく『怪我の功名』と言えるのではないだろうか。
この日3番に入った、松井祐介のツーラン、満塁弾の2打席連続ホームランも実にお見事であった。
この選手には休みがないのだとある記事で読んだ。
遠征の帰りで練習休みの日にも朝からマシーンで汗ビッショリになって打ち込んでいるらしい。
正に練習の虫らしいのである。
この心掛けを忘れずに続けて行けば必ず答えが出ることを今後も沢山実感して行って貰いたいと思っている。

天晴れ!小笠原!天晴れ!松井祐!
という日になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月19日 (火)

ささやかだが忘れられない1勝!

◆ 9/18(月・祝) ― ナゴヤドーム
 中 日 2 - 0 巨 人

遂に、いや、やっと、いや、当然のように、昨日広島カープがリーグ2連覇を果たした。
いやぁ今年のカープは強かった!
84勝のうちほぼ半分の41試合が逆転勝ちだということである。これはとにかく凄い‼︎
一昨年は前健が抜け、昨年は黒田が抜けて、チームの支柱が抜けて行ってもぶっちぎりの優勝を遂げたのは、それを補うのに余りある選手層の厚さであったことが証明されたことである。
他の畑を羨ましく思うばかりでは仕方ないので、来年に向けて自分の畑を見つめ直し作物を育て直して行かねばならない。

という意味で、昨日はその可能性を大きく感じることができるゲームを見せてくれた。
新潟医療福祉大学卒の22歳、ドラフト4位の笠原翔太郎投手が、巨人相手に8回2安打4四球1三振104球無失点の成績でプロ入り初勝利を挙げた。
先発3試合目の勝利だったが、この日初めて武山と組んだので、試合前から好投の予感は充分あったのは事実である。巨人へのデータは松井と組んだ時のデータしかいってなかった筈だから、笠原ー武山の配球は読めなかったのではないだろうか。スローカーブ、チェンジアップが速球の合間に旨く配されていたが、実に読みにくい配球になっていた。正に武山の勝利であると言えよう。
140キロに満たないストレートにジャイアンツ打線は殆どが押されていたようだ。最初から右打ちに徹していたマギーと石川に、外のストレートを狙われ打たれた2本だけがヒットとなったがあとは完璧だった。
来季は貴重なサウスポーとしてローテーションの一角を担う期待を抱かせてくれた。今日登板の小笠原と左の二本柱になってくれると嬉しい。
巨人の阿部が左の若松みたいだと言ったらしい。
タイミングが合わせにくく、見かけよりもずっと生きた球が来る投手なのだろう、きっと。
何しろ聞いたことのない大学で、しかもプロ野球選手が1人もいない新潟の大学出身の選手である。
ドラゴンズの正津スカウトの「眼」が産んだ北越のヒーローになって貰いたい。
昨日はもう1人のルーキー京田がドラゴンズの新人安打記録を樹立して、更に平成に入ってのセ・リーグ記録の高橋由伸も抜いた日になった。あとはミスタープロ野球の長嶋茂雄さんの記録153本だけが京田の上に横たわっている。そのことをインタビューで聞かれると、戸惑いながら謙虚に残り試合一本一本打てるように頑張りますと語っていたのが印象的だった。
きっと打って超えて行くような気がしている。
こんな男にこそ野球の神様は力を与えてくれるものだ。

またこの日は藤井にプロ入り初の代打ホームランが飛び出して笠原に初の白星を捧げた。

ドラゴンズファンには忘れることのない勝利になった。
広島カープの優勝とは比べものにはならないが、このささやかな喜びの積み重ねがやがては大きな喜びに繋がって行くことを信じて頑張って貰いたいと改めて思った。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月15日 (金)

終わりくらいはよしとせよ!

◆ 9/14(木) ― 明治神宮野球場
 ヤクルト 1 - 2 中 日
 (延長10回)

金曜日に1試合も野球がない日はここ数年なかったような気もする。セパ両リーグ共に首位チームがマジック1になった。そして明日土曜日に両リーグ共優勝が決まりそうだ。同時優勝なんてあっただろうか?世間の注目度や盛り上がりやニュースの扱い等が半分ずつになってしまうのが何とも両チームのファンには悩ましい所だろうか。
我がドラゴンズも残り試合12となり、注目は京田の安打数とゲレーロのホームランダービーだけになりつつあるが、成績表のゲーム差の表記の隣に△の印がついているのだ。これはまだクライマックス出場が0ではないということである。(笑)
あり得ないことではあるが、ドラゴンズが12連勝して巨人が13個負けて、DeNAが11個負ければ出場できることになる。ということは、巨人が2勝、DeNAが3勝したらジ・エンドになる。まあこれは時間の問題である。
数字上の可能性を探って行けば0ではない所が面白い所であるが自力ではない所がミソである。
と、バカバカしいことを書いてしまったが、昨夜の神宮もチャンスは作れどタイムリーが出ない両チーム共残塁の多いゲームになった。1ー1で緊迫した試合のように見えるが最終的には延長10回決勝ワイルドピッチという締まらない決着となった。
ドラゴンズファンは勝ったからまだ救われるが、ヤクルトファンには堪らない結末であろう。
ともあれ、ドラゴンズはあの悪夢の3連敗の禊ぎを祓うことができたように思うので来季以降を考えれば良かったのではないだろうか。
他の4チームにも、残り試合で今季の厄払いを全て済ませて貰いたいのが本音である。
明日からは阪神とラスト2ゲーム、巨人と2ゲームがある。 是が非でも「蛇頭竜尾」を目指して貰いたい。
「終わりよければ全てよし 」ではないが、「終わりくらいはよしとせよ」の意気込みでやって欲しいのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月14日 (木)

ナイター観戦あるある

◆ 9/13(水) ― 明治神宮野球場
 ヤクルト 2 - 1 中 日

お互いに塁は賑わせどホームに返せないという、下位低迷チーム同士の戦いの典型のようなゲームになった。
9安打2四死球2併殺8残塁1得点のドラゴンズと、7安打4四球3併殺6残塁2得点のスワローズ、似たり寄ったりの打撃成績で大野、原の両投手もバックの好守備に助けられながら要所要所を踏ん張り、なかなか締まったゲームのようになった。しかし、大野は完投したが1ー2で敗れた。ツキを持っていた選手がいたかいなかったかの違いのように思えた。昨夜ヤクルトには山田という野球の神様に妙に好かれた選手がいた。チャンスで2度回って来てラッキーが手伝って2打点、またピンチではいい当たりがことごとくこの山田の所に飛んで行きスーパープレーが幾つも飛び出した。
ドラゴンズにとっては肝心の場面が全て山田絡みになってしまったのが不運だった。

前回完封という素晴らしい大野を見せてくれたが、この日も最後まで1人で投げ切り、敗れはしたが先発投手としての存在感を示したと思う。

ビール半額デーのこの日の神宮には5位6位の戦いに関わらず2万5千人以上が集まった。緊迫した2ー1という1点差ゲームになったが3時間を割る試合時間で、集まった観客にとっては非常に有難いナイター観戦となったに違いない。終電に焦ることもなく、何処かで一杯飲みながら野球談義やファンならではの反省会ができる時間が持てるからだ。
勝った方のファンにはビールが美味く、敗れた方のファンはちょっぴり酒量が増える飲み会になっただろうか。
来年こそは優勝を争う位置にありながら、そんな試合後を過ごしたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

あの悪夢3夜以来の神宮が…

◆ 9/12(火) ― 明治神宮野球場
 ヤクルト 1 - 8 中 日

7月25日からの神宮3連戦、不様な3連敗を喫したあの悪夢の3夜が、思えば2017ペナントレース離脱が決定的となる運命の始まりだった。
約1ヶ月半ぶりに神宮に現れたドラゴンズ、不順な気候は相変わらずだが次第に秋風も吹き始め、広島のマジックも5となり優勝は時間の問題で、阪神、DeNA、巨人の3チームの順位とクライマックスシリーズ出場権の争いだけに興味は移っている。ここ神宮で戦う中日、ヤクルトの両チームだけが蚊帳の外で観客にとっては今年最後のナイター気分を味わうのが唯一の楽しみだろうか?
昨夜の東京は異常に蒸し暑く(試合開始時点で湿度90%を記録)雨の不安もあったので、駆け付けた熱心なファンも秋近いナイター気分どころではなく真夏時のナイターさながらの観戦になったのではないだろうか。
前回の悪夢の3連戦の始まる前は、90試合39勝48敗3分けで4位巨人とのゲーム差は2.0だったが、そこから昨夜までの38試合を13勝23敗2分けで暑い夏を戦ってきたと思えば、いかに我がドラゴンズの体たらくさが顕著に現れているかを物語っている。
そのつまづきの端緒となったのが正にあの悪夢の3連戦3連敗だったのである。
第1戦が取りつ取られつの乱打戦が延長10回笠原のサヨナラ押し出し負け(8ー9x)、第2戦が6回で大量10点リード(10ー0)から延長10回大逆転負けを喰らったアンビリーバボーゲーム(10ー11x)、第3戦は戦意を喪失したのか大量11失点で大敗(2ー11)と、思い出したくない3連敗であった。あれ以来の神宮で昨夜もドラゴンズの打線が序盤から爆発して7回を終わって8ー1と7点差を付けてリードしていた。最終的には、死球で途中退いたゲレーロを除く先発全選手(投手山井も含む)が安打を記録、内6人がマルチ安打を記録(松井祐は猛打賞)して、打ちも打ったりの15安打4四死球を奪うのだが、実はスタンドのドラゴンズファンは最後の最後谷元が代打武内をレフトフライに打ち取るまで不安だったのではないだろうか?僕自身もテレビを観ながらこの球場に棲む魔物がいつ騒ぎ出すか心配で心配でならなかったので、ヤクルトの打者ひとりひとりとドラゴンズ投手陣がボールを投げる1球1球にドキドキしていたのである。

あの3連敗さえなかったらと、シーズンが終わった時ドラゴンズファン全ての語り草になるであろうと思うが、その悪夢を今年中に断ち切っておく為に、何が何でも3連勝を飾って欲しいと願って止まない。

まず第1戦は新しいメンバーの並びで大勝した。

そして、今夜はアンビリーバボーゲームを作った立役者(?)、大野雄大の登場だ。彼自身にとっても最大のリベンジチャンスナイトである。今夜は爽やかな暑い夜になり、何とビール半額ナイターらしい。
ドラゴンズファンの酒量がご機嫌でマックスになるのを期待している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

武士の情けの気高さを…

◆ 9/10(日) ― ナゴヤドーム
 中 日 3 - 4 広 島

昨日の岩瀬起用は果たしてあの場面が適当であったのだろうか?という疑問が湧いてくる。
自らのメディカルチェック及びメンタルな部分のチェックも施した後、自身の進退をかける為の一軍登板を期した岩瀬にとって、その「結果」が持つ意味は非常に大きい筈である。
広島の勢いに2連敗を喫し、この日は小笠原が若さに任せて好調打線に立ち向かいながら6回を1失点に抑え、味方の打線が奮起して奪った得点で3ー1とリードしての継投だった。ブルペンには、祖父江、谷元が2連投、アラウホ、福谷は勝ちパターンではなく、伊藤、又吉、田島、そして岩瀬しかいなかった。
しかし、この日の小笠原は速球も走り、カーブ、チェンジアップと緩急の投げ分けもできて、広島打線を圧倒していた。タイプは違えど、同じ左腕で、小笠原程の威力のあるストレートもなく、オーソドックスにコーナーに投げ分けるコントロール主体のテクニックで投げる岩瀬はカープ打線にとっては組みやすい投手であったに違いない。
せめて1人右を挟めば違っただろうが、小笠原即岩瀬の継投には疑問が残る。ましては上がってきたばかりで進退もかかる超ベテラン岩瀬にはあまりにも厳しい場面ではなかったのではないだろうか?ならばせめて、丸、松山の左二枚まで小笠原を続投させ、エルドレッドで伊藤をワンポイントに挟んで、安部の所からの起用とするとか、休養万全の又吉を先に投げさせてカープの息を止めてから8回下位打線の所からの起用とするのがベターではなかったのではないだろうか。
しかし、できることなら一軍復帰最初の登板だけは、負けてる場面、例えば一昨日谷元が逆転された後の比較的楽な場面での起用とか(残念ながらまだ未登録ではあったが)が望まれる所だった。
台所事情もあろうが、絶好調で神がかっている広島戦での登録は避けて、次のヤクルト戦にするとか、稀代の功労者岩瀬にはもう少し細かい配慮が必要だったような気がしてならない。
「結果」に対してこだわるのはベンチの森監督ではなく岩瀬本人だからである。丸に粘られ四球、松山に初球をライトスタンド最上段にどデカイ同点ツーランを浴びた岩瀬の心の痛手は他の人間に計り知れないものだろう。
打たれて交代して戻ってきて、ベンチの端に腰掛けてグラウンドを見上げる岩瀬の姿が何度となく映し出されたが一体何を思っていたのだろう。岩瀬の元に誰も近寄る者がいなかったのも何だか哀しく思えた。

9月の日曜日スタンドは超満員で、半分以上が優勝間近のカープファンの赤色で埋まっていた。
昔日の常勝チームを支え続けてきた鉄腕岩瀬の落日と、ビジターチームにも拘らずホームチームを圧倒し仁王立ちしている現在の常勝チーム広島カープの姿が、鮮やかなコントラストを表しているように思えた。

『諸行無常』『盛者必衰』の思いを強く抱いた初秋の黄昏時になってしまった。

試合後両チームの2人の言葉や姿に武士の情けを感じざるを得ないことがあった。

  1人は捕手武山、小笠原の独りよがりの考えに苦言を呈して「あいつは自分の事しか考えていない。上手く投げられているカーブばっかり首を振って投げたがっていたが、こっちは先のリリーフ投手の時の事まで考えて伏線を張りながら配球を組み立てているんだ。カーブ打線に内を強く意識させる必要があるから内に速い球を要求しているんだ。それが岩瀬さんの時に上手く生きずに影響してしまったんだ」と敢えて伸び盛りの若武者小笠原の自分勝手をたしなめる発言で岩瀬を庇った。

もう1人は広島の松山、ヒーローインタビューでアナウンサーにファンに向かってお決まりの雄叫びのようなモノを求められて、「いや、まだ優勝した訳ではありませんから、これからも優勝するまで一生懸命やって行くだけです」と謙虚に控え目に歓びを抑えたように答えて、ホームチームのドラゴンズファンに配慮を見せた。これはそのまま、球界の先輩岩瀬からホームランを放ちヒーローになった松山の岩瀬に対する尊敬の想いがこもった配慮だったに違いない。

岩瀬にとっては何かが変わることのない「結果」があるが、この2人の選手の態度と言葉に気高い武士の情けを抱かざるを得なかった。

人間は決して1人で生きられるモノではないのだから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年9月10日 (日)

谷元の良さを松井雅はもう一度確認せよ!

◆ 9/ 9(土) ― ナゴヤドーム
 中 日 5 - 9 広 島

逃げ切りの役目で7回に出て来た谷元がカープ打線の餌食になり逆転負けを喫した。
前日の負け試合にも3番手で登板して連投だった。
使い方を固定すべきだと思うが現在のチーム状況では仕方ない部分もあるが、ならば昨日は最後の最後のどうしようもない所まで使うのを我慢して、ここはまず又吉を前倒しで登板させる手もあったのではと思う。
微妙な球のキレや伸びがいつもの谷元とは違っていたように思えた。
谷元のドラゴンズに来てからのデータを見てみると、松井雅との組み合わせが1番成績が良くないのが分かる。
7イニング投げて失点7、被本塁打2、防御率9.00と打たれまくっている。スライダーに頼るリードが主で、伸びのあるストレートを上手く使えてないようだ。緩急も使えてないので、強打のカープ打線には簡単に打ち返されてしまう。マウンド上で時折「おかしいな!」という表情をする谷元が映り自信を喪失しているように見える。
昨日も思ったことだが、谷元で逃げ切りを図る所から逃げ切りの成功確率の非常に高い武山に替えるべきであったと思う訳だ。
投手の状態をいち早く察して、その日の軸となるボールを生かす勝負を組み立てる力は松井雅の比ではない。
ここの部分をどうやら未だに森監督、田村コーチは理解してないようだ。9月に入って1勝も出来ず4連敗の松井雅には勝ち運はまるでないのだけれど…。
因みに武山は2勝1敗である。
仮に松井雅が先発してリードしていたら、リードしているうちに逃げ切りの武山と替えるのが得策であるのは誰が見ていても分かることのようだが…。
松井雅の被本塁打数も多く9月に入って既に5本を数えていて、大詰めの被本塁打の危険度は高いのだ。
捕手の話をすればいつも同じ話になるのが心苦しいが松井雅がマスクを被っていると勝つ気がしないのが本当の所である。昨日は珍しく盗塁を2つ刺したが、3個盗まれている。与える四球数も半端ではない。
ホームランも四球も盗塁も勿論捕手だけの責任ではないが、ドラゴンズの場合は見ていると捕手に依る所が多く松井雅の場合が桁違いに成績が悪いのである。

今の広島は最早誰にも止められない感じだが、今日の小笠原にはまたまた期待したい所ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 9日 (土)

完敗の中にも何か探さなきゃ!

◆ 9/ 8(金) ― ナゴヤドーム
 中 日 0 - 3 広 島

点差以上の完敗であったように感じた一戦となった。
選手個々の力の差なのか、采配の差なのか、目的意識の差なのか分からないが、なぜこんなにチーム力の違いを感じてしまうのだろうか?
走攻守のどれを取ってみても、現在の段階ではドラゴンズはカープに大きく差をつけられてしまっているのは否めない。
3年目25歳、ドラフト2位入団の薮田から1点も奪えず完封勝利を与え、14勝目を許してしまったのだが、今シーズン薮田1人に5敗を喫しているのは大いに問題ありなのである。
ルーキー笠原も5イニングを1失点とよく投げたが、菊池に打たれたホームランは残念だった。来季以降先発の一員として期待し育てて行くつもりなら、もう少し長いイニングを投げさせて欲しいと感じたのは僕だけではないだろう。薮田は9回完封で118球で終えているのに、笠原は5回96球である。やはり球数が多いのだ。
重ね重ね言ってきているが、無駄球を要求する捕手とでは自然球数が増えてしまう。元々笠原がコントロール勝負する投手ではないから思い切り攻めて行くというようなことを試合前に言っていた捕手だが、結局ゲームに行くといつも通り投手が誰であろうと変わらないリードをしてしまう捕手では仕方ない所である。
解説の今中氏も、バッターに合わせてリードをするのではなく、投手の良さを引き出してそれをバッターに合わせて行くリードをすべきだと言っていたが、正にその通りである。
笠原も受ける捕手が替わればもっとバッターを見下ろして行けるような強気なピッチングが出来るのではないだろうかと思っている。次の先発の機会では是非7回8回と投げさせて欲しい。

阪神鳥谷が2000本安打を記録した。
今季は荒木、阿部に次いで3人目である。
連続試合出場記録を更新中の鳥谷だからこそ、14年目という速さで達成できたのではないだろうか。
無事これ名馬と言うが、鳥谷はドラゴンズのルーキー京田の憧れの選手で、京田も鳥谷同様試合に出続けられる選手になるのを目標にしているらしい。
新人として131安打を打ち、江藤慎一氏のドラゴンズ記録まで残り8本まで迫ってきた。
是非ともこれをクリアして更に上の記録を目指して欲しい。京田、笠原と期待の多い選手もいて来季以降楽しみもあるが、残り17試合でそんな期待を抱かせる選手の出現を見届けることしか楽しみがないドラゴンズである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧